カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 29日

海運・造船王国いまばりへの来訪記念

おはようございます。


今日は良い天気。
これからどこに行こうか思案中(^_^メ)




今回は、新しい今治みやげのお知らせです。

一昨日の愛媛新聞の記事より。


b0146414_9322440.jpg


 「海運・造船王国いまばり」への来訪記念に。今治市などが5月21-23日に市内で
開催される今治海事展バリシップに合わせ、同市大西町九王の食品販売会社グリップ
(小田雅人社長)がこのほど、容器の缶に来島海峡を航行する船のデザインを施した
洋菓子を作った。
 県産イヨカンを丸ごとピューレ化して生地に練り込んだ洋菓子「いまばり伊予柑クッキー」。
バリシップに向けて今治らしい商品を作ろうと同社社員が発案、広島県福山市の菓子
メーカーに製造を依頼した。
 一缶十枚入りで630円(税込み)。5月1日の瀬戸内しまなみ海道開通10周年に
向けて発売を前倒しし、来島海峡サービスエリアや同市内の道の駅などで販売している。
 「お土産として持ち帰ることができない船を、記念に持ち帰ってもらえるよう缶の
デザインを船にした」とグリップ商品開発チームの河野鼓さん。「多くの人に今治の
思い出を持ち帰ってほしい」と話している。(4月27日付 愛媛新聞より)




このカイザー日記では、今まで仕事ネタ(?)をあまり出さなかったのですけど、
バリシップも近づいていることもあり載せてみました。
(何という心境の変化・・・というべきか・・・照)


今治のお土産としてお買い求めいただければと思います。



四国ブログランキングに参加しています。
現在50位以外へ転落中。
皆さんの↓クリック↓で救ってください。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-04-29 09:54 | 日記 | Comments(6)
2009年 04月 28日

無似舎とみかんの酒

こんばんは、カイザー今治支部長です。


今日は1か月に1度の定時退社の日。
そして、明日は祝日です。
こんなラッキーなことばかりがあって良いのかどうか。。。
と、ささやかな幸せを満喫しているところであります。


明日はきっとお天気になるといいなぁと今から楽しみにしているカイザー、
どこに行ってるのかはお楽しみです。




さて、無似舎さんで楽しくお酒を飲み続けて(というわけではありませんが)、
3日連続でブログ書き続けています。
いつも途中で話が脱線するカイザー日記・・・どうなのでしょうか~?


大成ケイボンさんと中川さんが無似舎さんに登場してからは、
イマバリラーメンについて、小島ガイドのことについて、ケイボンさんの
オノロケ話など、いろいろなことを話したりで、とても楽しいひととき。



その間にも、無似舎さんの美味しい料理が続きます。

b0146414_2143298.jpg


渡り蟹の椀物
蟹の旨みがギュッと詰まってて、しかも、蟹から出たエキスがお汁と合わさって、
とっても優しく美味しかったのです。



それ以上にオススメなのはこれ!

b0146414_21584993.jpg


白味噌のお汁です。
最後の締めにピッタリのお料理なんですよね。
お汁の甘さとかまろやかさとか旨さとかが優しく響いて来て、とっても安らぎます。
豆腐も舌触りがよくて、豆腐の存在感もあって、とにかく美味しいんです。
一度味わってみてください。
きっとファンになるはずですから。



そして、最後の最後の締めはコレ。
b0146414_22104140.jpg


b0146414_233342.jpg


みかんのお酒です。
広島県産のみかんを使ったリキュールで、まるでジュースかのように甘くてまろやかな
飲み口は少々危険な飲み物でありながら、かつ、食後のデザートのような爽快さを持った
美味しいお酒です。





これにて終了。



と、思うのでしょうけど、他にもいろんなお料理いただいてます。
でも、それはまた後日に・・・



この日は、それまで溜まってたストレスやフラストレーションを発散することができて、
本当に良かったと思います。
無似舎さんに感謝。家から送りだしてくれる家族にも感謝しなければなりません。



それでは、今日はこの辺で。


四国ブログランキングに参加しています。
ついに50位以下に落ちてしまいました。
皆さん、どうか愛の手を。
↓クリック↓してください。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-04-28 23:07 | 日記 | Comments(2)
2009年 04月 28日

無似舎と造船所

こんばんは、カイザー今治支部長です。


またまた寝られません(--〆)
明日も仕事なのに。。。
このような生活はいつまで続くのか???





今回は、無似舎さんの続きです。


焼酎を飲みながら、料理に舌鼓。

b0146414_230479.jpg




無似舎さん、お魚もお肉も野菜もその日のオススメを出していただけます。

b0146414_23264997.jpg




次の焼酎は、芋焼酎にしようと思えば、目の前に並べてくれます。

b0146414_0325465.jpg


どれにしようか迷ってしまいますけど、真ん中あたりに、やたら長い名前の焼酎が・・・

『紅芋にごり 小さな小さな蔵元で一生懸命に造った焼酎です』

って全部言うだけで疲れてしまい、もう2度と言いたくない名前ですが、
インパクトは最高です。

これは丸西焼酎合資会社という鹿児島県志布志市の蔵元で造られた焼酎です。
青みがかった瓶が綺麗ですね。


これも飲みやすい焼酎です。
総じて言えるのですが、美味くて良い焼酎は次の日まで残らないって・・・
本当なんですね~。

この日はそんなに飲んでいない方なんですけど、気分良く飲めました。



そんな時、大成ケイボンさんと中川さんが登場。(焼酎選ぶ前に来てました?)

この日、らーめんプロジェクトの会議で、しまなみソルトヒストリーの講座を行い、
燃え尽きてやって来たケイボンさん。

そんな時は、無似舎に来てエネルギーの補充をするみたいです。


しまなみ海道や瀬戸内海沿岸では、古代より塩づくりが盛んとなり、
塩はそれぞれの時代で財産となっているふしがあります。


製塩業の有名どころとしては、播州赤穂、安芸竹原、そして波止浜へと
技術伝播が進みます。
現在の今治市波止浜は、江戸時代当時は松山藩だったのです。

この『波止浜』という地名も塩に由来していて、
塩田開発に伴う潮止の堤防を「波止(はし)」、塩田を「浜」と呼んだことから、
「波止浜」という地名につながったと言われています。
今でも、「内堀」「地堀」といった塩田に関連した地名が残っており、
このとき作られた堤防の跡を現在の国道317号線が走っています。


今では、当時塩田だったという面影はどこにも残っていませんが、
昔の地図と見比べても地形は現在と全く変わっていませんので、
地図を片手に歩いてみるのも良いかもしれません。



さて、この塩田が起こったことで、製塩用の石炭を運ぶため、
波方で海運業が生まれ、この地に訪れる船を修理するために
造船所が誕生したというのは、以前にも書いた記憶がありますが、
塩田をつぶして造船所は造られました。


まずは、波止浜船渠。
現在の新来島波止浜どっくがある場所に造船所が作られました。

現在、山中造船を経営している浅海家が経営した時代があったり、
松山・三津浜で造船所を経営していた石崎金久を招聘して、
再建をしていた時代もあったようですが、業績はあまり良くなく、
坪内寿夫が社長就任した来島どっく時代に花開く形をなりました。



もう一つは、伊予木鉄造船所。
波止浜造船、ハシゾウを経て、現在は今治造船今治工場がある場所に
造船所が作られました。
波止浜船渠から去った石崎金久が設立者です。


そうして、同時期に企業合同で造られた今治造船とともに、
来島どっく、波止浜造船、今治造船の3社が、以降の今治造船界を
牽引するようになりました。


昭和40年代後半の3社の序列(=偏差値)は、波止浜造船、来島どっく、
今治造船の順だったそうです。
ですから、高校を卒業して就職するなら、第一候補は波止造と
言われていたみたいですね。


現在、倒産することなく残っているは今治造船だけとなってしまいました。。。

来島どっくは新来島どっくとなり現在に至り、
波止浜造船は新造船部門(多度津)は常石造船の傘下へ、
修繕部門(ハシゾウ)は今治造船の傘下となった後に消滅しました。


おっと。。。
またまた、造船の話ばかりになってしまいました。

今日も夜遅いので、このへんで。


無似舎さんでの事は、また次回に。



いつも読んでくださってありがとうございます。

四国ブログランキングに参加しています。
応援して下さる方は、↓クリック↓お願い致します。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-04-28 02:11 | 日記 | Comments(4)
2009年 04月 26日

楽しかった金曜日

こんにちは、カイザー今治支部長です。


今日は風が強かったです。
天気もそれほど良くなかったです。
そんな時は家でゴロゴロというのも・・・なんだかつまらないけど、
給料日前でお財布もちょっとピンチ(^_^メ)
なんで、今日は家にいることが多かったです。





一昨日の夜、仕事が終わった後、久しぶりに無似舎さんに行ってみました。



ちょうどこの日は、バリブロ会主催のイマバリラーメンプロジェクト会議の日。

しかも、大成ケイボン氏のソルトヒストリー講演が行われた日なんですけれど、
仕事が忙しくて、絶対時間に間に合わないと思い、参加表明はしないままでした。
で、結局当日も8時半くらいの退社だったかな?
やっぱり間に合いませんでした。



このブログを読んでいる皆さんの中に、僕がラーメン会議に出席しないことについて
「何故?」と思われている方もいるようですけど、誤解が無いように。。。
けっして、ラーメンが嫌いなわけでもなく、バリブロ会から離れた訳でもなく、
ただ単に『仕事と重なっている』というだけなんです(^_^メ)


解っていただけましたでしょうか?麺屋武吉さん(^O^)
僕だってラーメン好きなんですよ。
そりゃ~、美味しいラーメンがあれば飛んでいきたいし、今治の為に何かしたい!
という気持ちもありますが、自分自身の事が出来ないうちに、他人の為に何かを
できるなんて、そんな中途半端な事はできません。



ですので、イマバリラーメンにはなかなか辿りつけそうにありません。。。
今治市民のまつり『おんまく』当日までのお預けになりそうな雰囲気ですっ(^_^メ)




そんなことで、日頃溜まった仕事のストレスやフラストレーションを解消するために、
無似舎さんにやってきました。



無似舎さんといえば、バリブロ会メンバー他のブログでも紹介されている、
美味しい料理と、見慣れないお酒が揃っているお店です。


b0146414_1445062.jpg


普通の揚げだし豆腐ではありません。
それは今度来てみてのお楽しみ♪



b0146414_189514.jpg


これ、この日一番のお気に入りです。
ナス自体が甘いです。海老も甘いです。ですけど、甘すぎる事はありません。
ちょうど良い自然なおいしさ。
お酒にはもちろん、ご飯にも合う一品です。



この料理とともにいただく飲み物はこれです。
b0146414_18132992.jpg



水?焼酎?


焼酎です(*^_^*)


焼酎もいろいろあり、いろいろある中から自分のお気に入りを選ぶことができます。


まずは、この2種類のどちらかにしようかと・・・

b0146414_1816478.jpg


『おびの蔵から』と『杜氏潤平 潤の醇』



僕は飲みやすい印象の『おびの蔵から』を選びました。


この2つはともに同じ蔵元(宮崎県日南市飫肥の小玉醸造)の麦焼酎です。

従業員4人で製造販売しているらしいですが、小さい所は小さいなりに元気にやる!
という気概で頑張られているようです。


すっきりした飲み口でおいしいですよ。

今度は、『潤の醇』にしてみよっと♪



このあと、大成ケイボンさんと中川さんが入店します。
この続きは、また今度。



四国ブログランキングに参加しています。
応援して下さる方は、↓クリック↓お願い致します。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-04-26 23:54 | 日記 | Comments(6)
2009年 04月 25日

麺屋武吉☆こってりしおラーメン

こんにちは、カイザー今治支部長です。



ついに・・・


ついに・・・


ついにやってきました(#^.^#)



今年初めての麺屋武吉への討ち入りです。

b0146414_17512149.jpg



さて、こちらのお店の店主さんとカイザーとは、小学校からの同級生で、
近見小学校、近見中学校でともに勉強した仲間です。


卒業して10数年たった今でも中学校時代の仲間とのネットワークは強いようで、
昨年の開店以来、今治在住の中学時代の同級生の間で口コミが広がり、
よく来てくれるのだと話してました。


その当時も今も(?)ですけど、我が母校・近見中学校は、ヤンキーな学校って
評判で有名みたいですが、『仲間意識の強さ』とか『優しさ』とかっていう
人間にとって一番大切な部分は、どこにも負けない教育をして頂いたと思っています。
当時お世話になった先生方には感謝です。





今日、僕が注文したラーメンは、こってりしおチャーシューの味玉付き、プラス、
チャーシュー飯です。

b0146414_1895188.jpg


このお店におけるパーフェクトセットではないかと思うくらい、贅沢な一品です。


贅沢と言っても、総額1150円。
(但し、専用駐車場がないため、パーキングチケット代200円が別途必要です。)

イタリア料理屋さんでランチしてもそんなに金額は変わりませんので、
気にするかしないかは個人の自由なんですけどね。。。





まずはラーメンからいただきます。
b0146414_18171472.jpg


『こってり』と名が付くだけに、濃厚なおいしいスープです。
昨年食べた時よりも、さらに美味しくなってるような気がします。


これは、自分の味覚が変わったのか、お店の方が進化したのかは解りませんが、
僕の中で今まであった麺屋武吉のラーメンに対するイメージはガラリと変わりました。





そして、武吉さんのラーメンにぴったりなチャーシュー飯。
b0146414_2192073.jpg


しつこくなく、さっぱりした印象のご飯。

このご飯とスープがよく合います。

ご飯、スープ、ご飯の繰り返しで、軽く食べれちゃいます。





食べていると、高校時代の同級生の方とかもお店に来たりして、

なんだかんだと楽しくお話。



そんな中で、「俺に会いに来よんよね?」って聞いてくる店主。


「いや~、このラーメンを食べるために来てる」と僕ら。




すると、、、




「このラーメンは俺の分身やけん!(^_-)-☆」



と普通に言う店主。(いちおー照れながら?)





これが彼の分身でーす(*^_^*)
b0146414_2124541.jpg





こんなことを他にもお客さんがいる中、恥ずかしがらずに普通に言える奴ってスゴイ!!


逆に、こちら側が恥ずかしくなるような言葉です。


でも、そういう風に自分の仕事のことを言える、店主がうらやましいと思いましたし、
僕にも、そういう風に言える時が来るのだろうかと思いました。






でもね、横ちゃん、、、




恥ずいが~!!!(爆)





麺屋武吉さんは、いろんな方のブログでも人気があり、絶賛されているお店です。

同級生だからという感情だとか、身びいきをしているわけでもなく、
素直に美味しいと感じてます。
正直、今までの麺屋武吉のラーメンに対するイメージは完全になくなり、
また通いたいと思えるお店へと変わりました。



そして、麺屋武吉のラーメンは、ますます進化中です。
皆さんも是非食べてみてください!!




四国ブログランキングに参加しています。
麺屋武吉でラーメン食べてみたいと思ってる方、
↓クリック↓お願い致します。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-04-25 21:36 | 日記 | Comments(5)
2009年 04月 25日

北島公園のチューリップ☆徳島

こんにちは、カイザー今治支部長です。


今日はついつい寝貯めしちゃいました(#^.^#)
いつもなら、週末の夜は、2時でも3時でも起きてます。
でも、昨日は『いつもの場所』に討ち入り♪
美味しい料理とお酒、そして楽しいひとときに酔ってしまい、
家に帰るとともに寝てしまってました。


この模様は、このあとのブログで。



今回は、徳島に行った帰りのこと。
北島町で行われていた、チューリップ祭りに行きました。


b0146414_1117930.jpg



本当は、眉山よりもこちらの方が本命でした。

でも、眉山の素晴らしさの方が勝っちゃいましたけどね。





遠くから見ると、色とりどりのチューリップが綺麗に咲いているなぁと思いましたが、、、


b0146414_11221724.jpg




近くに寄ってみると・・・

あと1週間早く来ていたらなぁと、少し残念(^_^メ)



それでも、いろんな団体さんが育てたチューリップが所狭しと並べられていて、
そこはまさにチューリップ畑と化してました。

b0146414_11385282.jpg



その向かい側には、大きな風車小屋だとか、アスレチックがあったりして、
子供連れで行くには楽しそうな公園がありました。


元気が残ってた僕は行こうとしましたが、疲れきった嫁に大反対されやむなく撃沈。


帰ることになりました。



楽しかった一日はあっという間に終わりましたが、家に帰る前の晩ご飯は、
帰り途中の石鎚山サービスエリアのレストランで。

b0146414_11305523.jpg


鯛めし定食です。

じゃらん5月号に載っているのを知ってたので、ついつい注文してしまいました。


南予風鯛めしは、それほど食べた事ないので、ドキドキワクワクしながら
新鮮な気分で食べられました。

でも、個人的には東予風の鯛めしの方が好きですけどね。



そういや、最近鯛めしとか、グリーンピースご飯とか、食べていないなぁと思います。

うちの母親の味というより、ばあちゃんの味。

家は近くにありますが、近いのになぜか遠のいてしまってる最近です。

僕ももう33歳ですけど孫は孫。

たまには顔を出してあげないとダメですね。



四国ブログランキングに参加しています。
応援して下さるのでしたら、↓クリック↓お願い致します。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-04-25 11:42 | 日記 | Comments(4)
2009年 04月 24日

今治海事展~バリシップ~ 

こんばんは、カイザー今治支部長です。


海事都市・今治市で開催される『バリシップ』こと今治海事展の開幕まで
あと1か月を切りました。


海事展って何?って思う方、いると思います。

簡単にいえば、造船業・海運業・舶用機器メーカーが一挙に集まり、
出展した各企業が自社製品をみなさんへアピールする場所です。


最近はその様相も変わり、同業界人のみの商談や情報交換の場と
なりつつあるようですけど。。。


でも、それはまさに、自動車界でいうモーターショウ、ゲーム界でいうゲームショウ
のようなものです。


普通に生活していて、船や舶用機器を見たり触れたりする機会って
なかなかありません。

地元・今治市に住んでいて、たとえば造船所の名前は知っていても、
その会社がどこにあるのか分からない・・・って人もいると思います。


そういう何気ない疑問を解くキッカケが、あと1か月後に開催されるバリシップなんです。


記念すべき第一回バリシップは、5月21日から23日まで、
テクスポート今治で開催されます。


5月21日と22日は招待された業界内のお客さんのみです。
でも、5月23日は一般に公開されます。
これをキッカケに、今治の地場産業である造船・海運に目を向けてみてはいかがでしょう。



そして、さらにお楽しみが。。。


今治発、世界有数の造船所である今治造船と新来島どっくの2社では、
5月23日に工場見学会と新造船見学会が行われます。(予約不要)

今治造船では先着1500名で、コンテナ船の見学会もありますし、
新来島どっく大西工場では先着1000名だそうです。(どの船の見学なのかは未定)

また、今治造船のお隣の浅川造船では、進水式の見学会もありますが、
事前申し込みの小中学生200名に限るそうです。


本物の大型船を見ることができますので、新造船見学会には子供連れで
行ってみるのも良いかも。思い出に残る見学会になると思います。

そして、このことで心を揺さぶられた子供達が、造船や海運に興味を持ち、
技術や精神が次世代に引き継がれてゆくことができる・・・というのが理想的ですよね。
そういう風になってくれたらって思います。




それから、5月21日から25日の間、富田新港に航海訓練所帆船『海王丸』が寄港します。

この海王丸は別名『海の貴婦人』と呼ばれる美しい帆船です。
昨年、今治に寄港した帆船『日本丸』とは姉妹船なんですよね。


5月23日には一般公開、5月24日昼にはセイルドリルが行われます。
滅多に見れない、世界を代表する帆船を見に行きましょう。



なんと驚くべきは、開催期間中、今治市内のホテルがすべて満室との情報。
今からの予約は難しいようです(--〆)
ある出展メーカーでさえ、松山のホテルしか取れなかったとか・・・(汗)
ま、道後温泉に浸かって、今治へ行こう!というプランも良いかもしれませんね。



このように、今年の5月は海事都市・今治市が熱いです。
ただ、一部の盛り上がりで終わらないよう、市民の皆さんや各地の皆さんの力で、
もっともっと盛り上げていきましょう!!



四国ブログランキングに参加しています。
バリシップに興味がある方は、↓クリック↓してくださいね。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-04-24 02:58 | 日記 | Comments(2)
2009年 04月 23日

眉山

こんばんは、カイザー今治支部長です。


今日はビックリなニュースがありましたね。
SMAPの草彅剛さんのニュースには驚きました。
一度もお会いしたことはありませんが、遠い遠い御縁があるカイザーにとって、
本人もご親族の方々も関係者の方々も残念に思っていることだと思います。




さて、先日の日曜日の話、徳島に行ったついでに(と言えば失礼ですけど)、
徳島市内を運転しながら何げに見てると、眉山を登るロープウェーが見えたので、
行ってみようと思いました。



僕のドライブや旅行は、だいたい4割が事前に決めたことで、6割が思いつきなんです。

直感に頼る旅行、適当、アバウト、いいかげん・・・何とでも言えますが、
ガイド本に載ってない場所とか、行く前は興味を持てず予定になかった場所でも、
実際に行けば素晴らしい場所って『あると思います』




眉山ってホントに素晴らしいですね。



市街地に接していながら、どういうわけか自然に包まれていて、
別世界にいるような感じがする場所。
そして、眼下には吉野川流域に広がる徳島市街が見渡せます。

b0146414_2373266.jpg



この眉山に登る方法としては、頂上近くの駐車場まで車で来る方法と、
ロープウェーに乗ってくる方法があります。



今回は、ロープウェーに乗って上がってみました。


b0146414_242128.jpg


眉山ロープウェーは、阿波おどり会館の5階から乗ることができます。
カプセルの形をしたロープウェーが2つ並んでおり、15分ごとに運行しています。


山頂までの数分は、のんびりした時間を過ごすことができます。

b0146414_22485693.jpg
b0146414_22502819.jpg
b0146414_22512555.jpg
b0146414_22515698.jpg



山頂から見た風景は、すごく綺麗です。
市内を流れる吉野川と、その流域に広がる徳島平野。
中心地には徳島城が築かれていた城山が見えます。

明治時代初期にお城は取り壊されたので、蜂須賀家20万石が繁栄していた面影は
全くありませんが、静かに街を見守っています。


頂上付近は、爽やかな風が吹いていて、市内で感じた暑さが和らいだ感じがしました。
b0146414_2344556.jpg




この、眉山公園付近には、不思議な建物がありました。
b0146414_2347336.jpg


バゴタ平和記念塔です。
このパゴタ平和祈念塔は1958年(昭和33年)に県ビルマ会が第2次世界大戦で
戦没した多くの戦友たちの霊を慰めるために建てたもので、中は当時の資料等を
展示しています。


バゴタ平和記念塔のある展望台から見る景色は、さらに素晴らしく、
映画『眉山』のロケーション場所としても使われていました。
b0146414_23534875.jpg


ここから、松嶋奈々子さんや宮本信子さんが徳島市内を眺めていたのですね。


さて、このバゴタ平和記念塔展望台は、夜景の名所としても有名なようで、
夜景の模様はポスターでのみなんですけど。。。
b0146414_23562024.jpg



マジすごいんですけど>^_^<


この素晴らしい夜景を、今度は見に来たいなぁと思いました。


次はいつ来れるかな?
阿波踊りの季節、夏になるのでしょうか??


徳島に来てみるのも良いですよ。


四国ブログランキングに参加しています。
応援のクリックお願い致します。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-04-23 23:58 | 日記 | Comments(0)
2009年 04月 22日

眉山☆Part1 序章

こんばんは、カイザー今治支部長です。



昨日の『すぽると』では、愛媛が世界に誇るボートの第一人者である、
武田大作選手の特集をしてました。
今治市玉川の玉川ダムでの撮影でした。
何気に見ててビックリ!!
水野裕子さんが玉川ダムでボート漕いでましたね。
そんなの先に知ってたら、見に行ったのに。。。後悔




眉山


徳島市の中心市街地にある、標高およそ280メートルの小高い丘陵地で、
山頂からは徳島市街が一望でき、天気が良い日には、紀州水道や淡路島までも
見渡せる徳島県有数の景勝地です。



そして、『眉山』と言えば映画の舞台として有名になりました。
b0146414_0345522.jpg



シンガーソングライターのさだまさしさんが書いた小説を原作とする、
松嶋奈々子さん主演の徳島を舞台にした映画です。


東京で働く主人公が、徳島に住んでいる母が入院したという知らせにより帰郷。
医者から母が末期ガンだという事を知らされます。
主人公は、母の隠された過去や、自分に対する気持ちについて確認していきながら
余命少ない母を阿波踊りに連れ出します。



徳島市、阿波踊りを題材とした映画は意外と初めてだったこともあり、
徳島県や徳島市などが、かなりのバックアップをしたとか。



最近、全国各地にフィルム・コミッションがあり、映画ロケ地の誘致によって町おこしを
しようと考えている自治体が多く見られます。
ロケ地となった街は知名度が高まることはもちろん、スタッフの宿泊や食事などで
落ちるお金や、映画公開後の観光客の増加などによる経済効果が多く見込まれると
考えられております。


現在公開されている、綾瀬はるか主演の『おっぱいバレー』も、北九州市が全面的に
バックアップしているそうです。


映画のロケ地になることが必ずしも良い事ではないかもしれません。
でも、そこにある自然や街角の風景などが世間に注目され、
映画のロケ地に合う場所だと認めてくれたり、ロケ地になることでの集客が見込める
ことは地方都市にとっては良いことだと思います。


さて、僕達も住む今治市は、県内県外の方々の目にはどのように映っているのでしょう?
地味だけど、きっと良いところはたくさんあるはずです。



それでは次回から眉山に登ります。
お楽しみに。



四国ブログランキングに参加しています。
応援の↓クリック↓お願い致します。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-04-22 21:55 | 日記 | Comments(4)
2009年 04月 21日

徳島の旅 第一章☆徳島ラーメン☆

こんばんは、カイザー今治支部長です。


今日の天気は雨。
昨日までの天気とは正反対です。


それにしても、徳島へのドライブは楽しいですね~。
数百キロ走っても、インターチェンジさえ下りなければ、
どこまで行っても1000円ですからね。

こうなると、もはや四国内は庭みたいなもんです(笑)
日帰りでどこにでも行けますよ♪



昨日は天気が良かったので、高知へ行くか徳島へ行くかで悩み・・・
最近、高知にはよく行ってたので、久しぶりに(というか、まともに行くのは初めて)
徳島県へ突撃です。



10時に出発して、徳島市に着いたのが1時頃。

お腹も空いたし、どこかにラーメン屋さんは無いかなと探すカイザー一行。
カーナビで検索してみて、一番近いお店に行きました。


b0146414_23461612.jpg


お店の名前は、『支那そば 巽屋』さん。
タウンガイドなどでは割と有名なお店のようです。



個人的には、東大ラーメンを食べてみたい気持ちもありましたが、
徳島市内の地理に詳しい訳でもなく、とにかくお腹が空いたこともあり、
こちらのお店に決定しました。


駐車場はお店の前に数台、お店の横の方にも10台くらい停められるようでしたが、
どこもいっぱいで、どうにか自分の車を停めることができたくらい。
どうやら、超人気店の雰囲気さえ感じられるような気がしてきました。


店内に入ると、四人がけのテーブルが10数台あり、回転率は良さそうで、
入った当初は待ってましたが、5分くらいで座れました。


注文は券売機でチケットを買って、お店の人に渡します。
今回選んだのは、お店の方もオススメの『支那そば肉玉入り』
とりあえず大にしてみました。

徳島では、ラーメンは『支那そば』って言われてるんですね。



そして、徳島ラーメンといえば、ラーメンをおかずにしてご飯を食べるという意外さ。
ライス大も合わせて注文しました。


b0146414_23571571.jpg


メニューは支那そばのみ一本。
ラーメン屋としてのこだわりを感じます。


本音としては、ラーメンとチャーハンのセットがあれば・・・なんて思いますけど、
ラーメンとの相性を考えるとチャーハンよりもライスなのでしょうか?
ラーメンが来るのが待ち遠しくて、遠くの厨房を見つめていました。
綺麗な厨房です。
『名店に綺麗な厨房あり。』誰かの名言です。
期待できそうですね。



すると、注文しておよそ5分。
ラーメンが運ばれてきました。
ついに、徳島ラーメン初挑戦です♪

b0146414_051389.jpg



第一印象は、スープが黒い!!ということで、
尾道ラーメンのようなイメージ(=醤油系、しょっぱい?)なのかと思い少し警戒しましたが、
人もラーメンも見た目で判断するなとはこのことでした。


黒くて辛そうなイメージのスープは、意外にあっさりしていて飲みやすい印象。
そして、細麺がスープにからまり、いくらでも食べられる気がするような軽さ。
シャキシャキしたもやしの食感を楽しみながら、甘辛く煮たバラ肉を一口。

b0146414_0292773.jpg



旨いです。


この肉があったら、ご飯は何杯でも食べられるし、ビールだっていくらでも飲めそうです。
そして、この肉に生卵をからめて、麺と一緒に食べると最高です。


全体的なパッケージとしては、すき焼きラーメンと言えるかな?といった印象。
あっさり目のスープには意外性を感じましたが、濃い目の味が好きな人には、
このあっさりさが少し物足りないかもしれません。


そして、肉が無ければご飯が食べれぬ・・・ということで、
スープの中に残ったご飯を入れてみました。

b0146414_037110.jpg


なんだか雑炊みたいでしょ?
色の黒さはどうにもなりませんけど、つぶした生玉子がちょっといい感じになり、
ご飯に合うような気がします。


いろいろ感じるところもありましたが、見事に完食。
ごちそうさまでした。



お腹もいっぱいになったし、次はお散歩でしょうか?
次をお楽しみに。



四国ブログランキングに参加しています。
応援して下さるのでしたら、↓クリック↓お願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-04-21 00:49 | 日記 | Comments(8)