カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 08月 14日 ( 2 )


2011年 08月 14日

にじいろ食堂

こんにちは。
いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
まずはポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ


○○嫌いではいけない。
人の噂とか誰かの情報だけを鵜呑みにしたり、またその逆で信用しなかったりで、
食べず嫌いや行かず嫌いになるんじゃなくって、まずは行動に移すのみだと。
そう思えたお店に出会いました。


今治市小泉にある「にじいろ食堂」へ初めて行ってみましたよ。
b0146414_1021268.jpg


恐る恐る入ってみるとお客さんがいない・・・
こういう時って少しだけ不安になります。
失敗しちゃったかなぁ?って。
けど、奥さんが明るい関西人風のキャラなので心救われたような気がしました。
しかも定食屋さんのイメージがあったので「どうかなぁ?」と思ってましたが、
メニューが多いこと多いこと。


鶏肉のタレ炒めと鳥皮揚げの2つが食べれるバリ丼も美味しそうでしたし、
カツカレーも美味しそうだったけど、一番目についた(心惹かれた)のはガツン丼と
冷やしラーメンのセットでした。
b0146414_103136.jpg

大盛りも100円プラスでできるので、ラーメンは大盛り(2玉)にしてみたのですが、
こちらのお店は基本的に量が多い傾向のようです。


まずは冷やしラーメン(特製胡麻ダレ)を食べてみたんですが、マジで旨かったです。
麺はシャキッとしたコシがある具合でいて、胡麻ダレとの相性も良かったです。
クリーミーさとラー油のピリ辛が食欲をそそります。
比較すると失礼ですが、先日の一興の冷しつけ麺との差は歴然。
付け合わせは刻みネギと海苔だけのシンプルさが良いですね。


もう一つのガツン丼。
トロトロの牛すじ煮込みの丼なのですが、これも気に入っちゃいました。
b0146414_10405346.jpg



嫁はガツン卵とじ定食、娘は卵かけご飯定食でした。
b0146414_10432074.jpg

ご飯は普通盛りでもこのサイズですから、大盛りなんて丼に入って出てくるのでは?
なんて想像に駆られてしまいます(笑)


これだけ食べても2100円なので。とってもリーズナブル。
また一つ通いたくなるお店を見つけられてラッキーな一日でした。


こまぴたっ!
にじいろ食堂

[PR]中古車中古バイクならMj

海の家風のアットホームな店内で ボリューム満点のおいしいご飯を
愛媛県今治市小泉4-8-1
営業時間:11時~14時、17時~21時(20時30分LO)
定休日:月曜
TEL:0898-32-3324 
データは2011/08/14現在のものです。
おすすめレビューを見る



いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-08-14 10:46 | 日記 | Comments(0)
2011年 08月 14日

椀船行商の足跡を訪ねて~漆黒の交差点

いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ


地域史研究家の大成経凡(ケイボン)さんからご連絡があったので行ってみることに
しました。

そのメールの内容を紹介しますと、、、

お世話になります。一昨日、かつて月賦販売で財をなした大阪の井野屋河上家
(桜井出身)から、椀船の雛型をレンタカーで持ち帰りました。一人で運転したので、
首が痛みます。雛型の作者は、船大工の野田房吉(故人)です。40年近く前に1000万円
はするといわれた彼の雛型を、直接交渉して500万円でつくってもらったとのこと。
かなり精巧につくられており、文化財級です(マニアもびっくりか)。椀船雛型が
瀬戸内海を渡って四国に来るのはこれが初めてのこと。まさに椀船が絶えた時期から
考えると、約100年ぶりに今治へ里帰りすることになります。小さな自主企画展(行政
支援なし)で展示するにはあまりにもったいない代物ですが、まずは開催して歴史を
知ってもらうことが大切ですね。「椀船行商の足跡を訪ねて」展は、今週末から約10日間、
朝倉ふるさと美術古墳館にて開催予定です。


以前、大成さんがガイドをされた「桜井ツアー」の時、小谷屋さん所蔵の貴重な資料を
見せていただきましたが、それらに加えて椀船の模型が展示されると知り、気になりました。


b0146414_821549.jpg

b0146414_8392790.jpg

この建物、歴史がありそうでなさそうな微妙な感じだったので、「いつ頃の建物なんです
か?」って訊くと、竹下首相の時の「ふるさと創生1億円事業」で建てられたのだそうです。
初めて来たので、なかなか新鮮な気分でした。


展示会全容はこのような感じでした。
b0146414_8523840.jpg

小谷屋さんで見たことがある物もそうでない物もこのように展示されると、やっぱり
貴重なものなんだなぁと感じずにはいられません。
それを桜井ツアーでは惜しむことなく見たり触ったりできたのは貴重なことでした。
b0146414_94421.jpg
b0146414_954954.jpg
b0146414_9799.jpg
b0146414_9143811.jpg

b0146414_9163569.jpg



他にも、この企画展の話を聞いた朝倉地域の方が自ら保有する漆器を出品してくれた
そうです。明治初め頃の、まさに椀船行商の時代だった頃の漆器が大切に残されている
ことに感動します。
b0146414_919495.jpg

b0146414_926160.jpg

b0146414_9274274.jpg



さて、いよいよ今回一番気になってた椀船の模型です。
b0146414_933225.jpg

この模型作品のモデルになったのが、桜井漆器の老舗問屋である小谷屋さんがかつて
所有していた椀船“神力丸”です。
その船と同じ材料で同じように精巧につくられており、数百万(聞くところでは500万円)
の価値(およそ40年前の購入代金なので今の価値だといかほど?)です。
ケイボンさん曰く「某造船会社の会長さんだったら絶対見に来るでしょうね~。」
その前に、この企画展の事を知っているかどうか?ですが。。。(笑)

b0146414_9403635.jpg

b0146414_9492515.jpg

b0146414_9515198.jpg

b0146414_9534786.jpg




この企画展は8月13日(土)~24日(木)まで朝倉ふるさと美術古墳館で開催されています。

開館時間は9時から17時まで。入場料無料です。
月賦販売(現在のクレジット)のもとになった今治桜井商人の椀船行商の歴史がわかる
貴重な資料がたくさん見られますし、ただ単に精巧に作られた椀船模型に興味がある方にも
良いと思います。
是非行ってみてくださいね。
もしかすると大成ケイボンさんのガイド付きとなるかも?(もしや常駐?!)



いつも読んで下さってありがとうございます。
この企画展に行ってみたいと思っている方は、ポチっとクリックして下さいね。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-08-14 09:54 | 日記 | Comments(2)