2008年 10月 24日

波止浜探索

b0146414_9344378.jpg

b0146414_9344361.jpg

b0146414_9344451.jpg

b0146414_9344458.jpg

b0146414_9344429.jpg

たまには身近な場所でも、

見ておきたいと思うんです。


今治市糸山と波止浜地区


かつては塩田で栄え、


現在では造船が活況を呈しています。


そして、ここは来島大橋のお膝元であり、しまなみ海道の四国側の出発点でもあります。



1隻のボート。
離島の人にとってはなくてはならない交通機関です。


僕もちっちゃい頃、月に何度かはこの船(代替わりはありましたが)で、曾祖父母の家へ遊びに行ってました。


今は乗る機会がありませんが、乗れば昔を思い出せるかな?

ノスタルジックな島の風景は、慌ただしく過ごしている今と切り離してくれるかもしれません。


離島へ水を運んでいた水道丸も、今はその役割を終え、昔の良き風景は徐々に失ってきています。


このような先人の遺産を、いつの間にか風化させてしまわないように、後世に伝えなければいけないのではと思うのです。
[PR]

by shinya-ue | 2008-10-24 09:34 | 日記 | Comments(0)


<< 結婚式の準備      とべ動物園 >>