2008年 09月 15日

戦艦大和☆

現在ブログランキング52位です
あと少しで50位以内が手に届きそうな感じ・・・
これも皆さんの応援のおかげです
「もっと頑張れ!」と応援していただけるならば
下の文字をクリックしてください!
人気ブログランキングへ


家族旅行で広島県へ行ってきました029.gif

大和ミュージアムへ!!

正式名称は 『呉市海事歴史科学館』
すごく堅苦しい名前なんですよね
その愛称が大和ミュージアム
b0146414_0263670.jpg



まずは、10分の1の戦艦大和がお出迎えしてくれます001.gif
b0146414_1195132.jpg


華やかそうに見えますが、悲劇の戦艦です
戦艦大和は呉市の呉海軍工廠で建造された「大和型」の1号機
2号機は長崎で建造された戦艦武蔵
3号機は横須賀で建造・改装された航空母艦信濃


とにかく、めちゃくちゃでかいです!005.gif
これで10分の1スケール
実物大だと、およそ260メートルあります
バルバス・バウ(球状艦首)を日本戦艦で初めて使用
しかも相当シェイプした船首部分
スピードが出そうな船ですね~



船の側面
b0146414_1234834.jpg


戦艦を見ると、まずは主砲など装備の方に目を向けがちですが
ここは船としての視点で見てみる
側面はまっ平らではなく、少し膨らみのある形状
この船から今の電気溶接のはじまり
職人の腕が見られませんか?



船尾方向から
b0146414_2274514.jpg

プロペラは4つ、主機はタービン4基4軸
15万馬力で最大速力は27ノット



他には、多数の水密区画があったり、自動注水装置の装備、
装甲の厚さなどがあり、カタログ上では間違いなく不沈艦というべき船です


また、戦艦のイメージと異なる意外な装備では
冷暖房完備、コックさんが乗船、ラムネ製造機などがあったようで・・・



これだけ装備を持ち不沈艦と呼ばれた船が
沖縄特攻のため航行中、アメリカ軍の攻撃を受け
2000名もの兵士とともに沈没しました


戦後、この船に対する評価は様々あるようですが
単なる戦艦としての評価だけだけでなく
現在の船造りにもかなりの部分(工程管理、工法など)で影響を残しています



この日、感動しちゃった言葉012.gif

進歩のない者は決して勝たない 負けて目覚めることが最上の道だ
日本は進歩ということを軽んじ過ぎた
私的な潔癖や徳義にこだわって、本当の進歩を忘れていた
敗れて目覚める、それ以外にどうして日本が救われるか
今目覚めずしていつ救われるか 俺たちはその先導になるのだ
日本の新生にさきがけて散る まさに本望じゃないか


『戦艦大和の最期』吉田満著 臼渕磐大尉の言葉より



今から60数年昔・・・
今の僕たちよりずっと賢く、日本の事を精一杯考えていた人たちの尊い命が
戦争によってたくさん失われました
今の戦争のない日本があるのは、その人たちのおかげかもしれません


僕たちは、この戦争で散った人たちに恥じないように
毎日を生きていかなければならないと
今回の見学で考えさせられました027.gif



重たくなるけど、B’zの『永遠の翼』
なぜかこの言葉を読んだ時、頭に流れました
なんか泣けてきます007.gif


[PR]

by shinya-ue | 2008-09-15 03:39 | 日記 | Comments(4)
Commented by 四葩 at 2008-09-15 11:26 x
戦艦大和美しいですね!戦艦をこんな風に表現してもいいものなのでしょうかとも思いますが・・・。
リンゴさんのブログの「特攻花」でも思ったのですが、戦争で落とさなければならなかった命のおかげで・・・今の私達がいると言うことを今一度考えなければなりませんね。
 大和ミュージアム。。。是非一度、行ってみたいです。
Commented by カイザー今治支部長 at 2008-09-15 17:30 x
四葩さんこんにちは!
戦艦大和、美しいです。
あと10年登場が早ければ、間違いなく戦艦としての評価は
上がってたと思いますが、完成した時には既に航空機・空母を
重視した戦争をする時代になってたので、非業な最期を迎えてしまいました。

ただ単に戦艦大和が好きな人、戦艦大和がどのような背景で
作られたのかを知りたい人、乗組員の生き様が知りたい人、
いろんな人に見に行ってもらいたいです。
大和ミュージアムはいつも中立な立場で待ってくれてます。

今治にも“船の博物館”のようなものを作ってみたらいいのにと思いました。
Commented by アルプ at 2008-09-15 18:54 x
ここ行きたいのです!
11月に広島の大崎下島から呉へと橋でつながるそうなので行ってみようと思ってます。

男たちの大和・・ひとりで3回見に行きました。。
何回見ても泣けた(つД`)
昔の人は今と環境が違うせいもあるけど
我を押さえて国のため、また自分達の生活のため精一杯に生きてきたんですね。
今の自分はなんてぬるま湯に浸かってるんだろうと思います。
せめて昔の事実、歴史をもっと知って今ある自分に感謝していきたいものです。
Commented by カイザー今治支部長 at 2008-09-15 19:24 x
アルプさんへ
僕も関前から蒲刈経由で本州まで橋でつながったら絶対行きたいです!
歴史散策&ドライブ楽しいでしょうね~♪
これでさらに大崎下島から大三島の間が繋がってくれたら
もっと利便性が上がると思うのですけどね。

僕も大和ミュージアムへは何度も来てますが、
ここへ来るたびに、自分がぬるま湯に浸かってる事を実感してます。


<< てつのくじら館☆      造船所の感謝祭★ >>