カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 02月 19日

牡蠣焼かまくら(ふ)

いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ


毎年だいたい行っている牡蠣焼き食べ放題ですが、数年ぶりに「かまくら」さんの予約が取れたので行ってみました。

b0146414_08432799.jpg
b0146414_08432140.jpg
経営者さんの高齢化が理由?で今シーズンでの閉店が決まっていると、ある記事で知ったので、

シーズンが終わるまでに行けたらいいなと思っていたら、偶然予約が取れました。

数年前は「土日祝日以外でなら個人予約を受け付けます。土日祝日は団体客が入ってるから。」みたいな

電話応対をされて、こんな店には二度と行くもんかと思った事もありましたが、他のお店を回って見ると

牡蠣焼きそのものの焼き加減はここが一番確かです。

b0146414_08434271.jpg
営業時間は情報網によって様々ですが、10:00~11:40、12:00~13:40、14:00~15:40、16:00~17:40、

18:00~20:00の1回あたり1時間40分になってました。合間の20分で、片付けと準備を行うんですね。

b0146414_08433496.jpg
志度湾で養殖された牡蠣は割と大きめでした。

以前広島方面の牡蠣小屋で食べた牡蠣は、殻が大きい割に中身がちっちゃかったんですが、

こちらのは殻に比例した感じでだいたい同じくらいのサイズ。安心感があって良かったです。


電話予約の際に「軍手と飲み物は持って来て下さいね」と言われますが、その言葉を鵜呑みにして

本当に軍手と飲み物だけしか持参しなかったら、ちょっとしんどいです。

b0146414_08434972.jpg
お店側で用意してくれるのはナイフ1本とテーブル用の布巾だけです。

箸もお皿も調味料も、必要に応じて個人で用意して持込みしなければなりません。

他のお店では調味料まで用意してくれるところもありますが、こちらでは何ひとつありませんでした。

電子情報では乳製品(チーズやマヨネーズなど)は持込み禁止とは載っていますが、

油系も禁止だと行ってから教えてくれました。

オリーブオイルとかラー油とか持って行きましたが使ってはいけないのでしまって下さいと言われました。

オリーブオイルとガーリックで牡蠣のアヒージョをしてみようと思っていたのに・・・

おそらく他のお店ではできるんじゃないかと思っているのですが、ガスの火で下から加熱させているので、

危険予防のためかもしれません。

b0146414_08435486.jpg
時間開始時刻になるまではお店の人からの注意事項が多く、浜のおばちゃんだからか結構厳しい言葉を

発せられたように感じて嫌な気持ちになりましたが、牡蠣焼きの味だけは間違いがありません。

b0146414_08440160.jpg
こちらの特徴としては、鉄板に敷き詰めた牡蠣の上から大きな鋼製の蓋が下りてきて蒸し焼きにする方式なので、

お店側の判断で提供されるため生焼けというのがほぼ無く、焼きすぎて焦げたとか、水分が飛び過ぎて小さく萎んだとか

がほとんどありません。

しかも、テーブル1台につきお給仕さんが1人ついてくれるので、蓋の開け閉め&時間確認と、出来上がった牡蠣を

一人一人に配ってくれるのはお店側がやってくれるので、僕らはひたすら椀子そばのように食べることに専念ができるわけです。

ただ、おかわりの時に牡蠣をスコップで運ぶ役目と、取ってきた牡蠣を綺麗に並べるのはお客さん側の役割になっています。

蓋を閉める前にお店側のチェックが入るのですが、平べったい方を上にしてなかったり、並べ方が上手でなかった場合は

お店の人から怒られますのでご注意ください。

でも、言う通りにきちんとやるとぷりぷりのジューシーな牡蠣焼きを食べることができるし、殻の中の汁がこぼれずに済むので、

本当に正論を言われているだけなんですが、上から目線で言われているような気がするとちょっと反抗してみたくなってきます。

蒸し焼き時間は、初回だけ15分くらいで、2回目からは10分くらいでした。

お店の人からも「回数が増えてくるごとに美味しくなるので、いっぱい食べてくださいね」とも。

僕らのテーブルはなかなか強者ばかりが集まってくれたおかげで5回焼きまして、僕も数えてはいませんが60~80個くらいは

食べられたと思います。

b0146414_08440988.jpg
牡蠣焼きをギブアップした後は牡蠣めしセット。

おかわりは何回でもOKですが、焼き牡蠣を食べ過ぎるとおかわりする気になかなかなりません。

この時点でようやく箸とおしぼりが出てきます。

おしぼりで手を拭くとなぜか気持ち良いんですよね。思わず顔まで拭いてしまいそうな気に(笑)

まあ、いろいろ書きましたが、単純に牡蠣焼きだけではここが最高ですし、このお店がもうすぐなくなってしまうのかと

思うと寂しい気持ちしかありません。

今まで長い間お疲れ様でした。ありがとうございました。



[PR]

by shinya-ue | 2017-02-19 09:44 | 日記 | Comments(0)


<< 十味鳥での2016年食べ納め      山田屋で鳥三昧 >>