カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 31日

帆船日本丸がやって来た

いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ


西日本最大級の海事展バリシップが開催されてから早いものでもう1週間。

2年に一度開催されるバリシップには海運・造船・舶用機器メーカーなどの多くの会社が世界中から集まり、

それぞれの会社のPR、そして自社製品や取扱商品の発表会を行うのですが、3日目の一般公開の日は、

直接的に仕事に結びつくことはほとんど無く、「こんなことをやっても何の意味も無い」と言い切る会社も過去にはたくさん有りました。

でも、過去数回の開催を経て、『地場産業である造船・海運・舶用工業の業界について興味や理解を持って

もらえる良い機会である』と考えが変わってきたり、

『将来の就活における選択肢の一つとして、こういう業界や会社もあるよとPRできる良い機会だ』なんて声もチラホラ。


一言で『造船所』と言っても、いったいどうやって船を造っているのか?

船主っていったいどんな会社?

「船主さんってお金持ちなんでしょ?」って、そりゃあ数億~数十億円の船を造船所へ発注して、世界中の荷物を運んで、、、

「ガッチリ大金を稼いでいるんですよね~!」と言われたら、答えはNOで無いのかもしれませんが、

やはりどんな事でも商売なので、電気屋さんでも八百屋さんでも文具屋さんでも経営する側は大変なのだろうと。


市場の動向をきちんと見極め、船の貸出先との円滑な人間関係作りをし、故障個所があれば修理対応をし、

荷物を予定通りに運び積み下ろしができなければペナルティがあるし、乗務員との円滑な関係作りも管理も

しなきゃならないし、言葉の違いがあれば勉強しないとけないし、世界とのビジネスともなれば時差もあるしで、

とても簡単な仕事ではありませんね。


収入の大小はさておき、普通のサラリーマンが気楽でええわい!と言いたくもなりますが、

それでもこの十数万人の人口しかない地方の今治市に、世界中の有名な海運会社や商社や銀行などのVIP

がやってくるほど注目が集まる企業が沢山あるという事を、地元住民は知っておかないといけません。



さて、今回このバリシップと並行して開催されたのが、帆船 日本丸の今治入港です。

バリシップのためにやってきてくれた日本丸。

僕らが子供の頃だったら何年か何十年ぶりかにやって来てくれてたくらいの貴重な体験を、

こうやって2年に一度できるようになったのは、バリシップとそれに関わる方々のおかげなんだろうと思います。

b0146414_024476.jpg


日本丸はウンタラカンタラ・・・。

よし!!


まずは全体を撮影しなきゃ。

b0146414_263082.jpg


なかなか全体を収めきれずにどこまでも下がります。

b0146414_282237.jpg


本格的なカメラと三脚を持って撮影に来ている方もいらっしゃいましたが、こちらは気軽にスマホでの撮影。

デジカメで撮影してPCに取り込んでからブログを更新していた時代が懐かしく、今でも最終的にはPCへ

取り込んでからブログへアップしていますが、Facebookで即時発信していることが多いので、スマホの方が

便利になってしました。うちのデジカメは一体どこへ行ってしまったのか・・・??


まだ時間が早かったせいか、しまなみ海道の来島海峡大橋はライトアップされていませんでしたけど、

茜色に染まった空はとっても綺麗でした。

b0146414_2155029.jpg



私的にはいつも思っているんですが、また次の2年後に業界全体がどうなっているんだろう?

無事にバリシップが開催されるんだろうか?って思っていますが、きっと2年後もみんな元気に再会できる

バリシップであるはずだと願っています。

子供たちに夢を与えられる舞台を整えてあげることが、今の大人の役割なんじゃないでしょうか。


いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2015-05-31 02:21 | 日記 | Comments(0)


<< 久しぶりのそら      天照(アマテラス) >>