カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 12月 22日

タマちゃんのカキオコ

こんばんは。


とりあえずまずは1日1ポチしてください。
人気ブログランキングへ


冬が近づいてくると牡蠣のシーズン。

ぷりっぷりの牡蠣が食べられる地域では、牡蠣焼き食べ放題だとか牡蠣小屋だとか、牡蠣好きの人には

興味がそそられるようなイベントが始まります。


さて、岡山県備前市の日生地区では、10月~3月頃のあいだ、B級グルメとして一定の人気がある

カキオコで盛り上がっています。

その中でも一番人気があると思われるのが、JR寒河駅前にあるお好み焼き店。

その名も『タマちゃん』です。

b0146414_22174795.jpg



日生の町からはやや赤穂寄りの少し離れた場所にポツンとあるお好み焼き屋さんですが、

県内外からのお客さんでひっきりなしに溢れています。


たとえば、、、

b0146414_2291969.jpg


お客さんがどこから来たのか、針を地図に指していって・・・を見ても、写真は西日本だけしか写して

いませんが、関東からも東北からも北海道からもたくさんのお客さんが来ているし、別の地図では

世界地図でしたが海外からも来たお客さんがいるようです。


数年前にこのお店に来た時に、タイミング良く、大将が焼いているメインテーブルのカウンターに

座ることができた時に、「愛媛県今治市から来ました」と言うと「遠くからよく来てくれたね」みたいな

話になりましたけど、今では全国区のみならず海外からも来る客がいるとは。。。


お店の方は、相変わらずの人気で、システムは前から変わることなく続いていました。

まずは順番の用紙に名前を書き、次に注文用紙の食べたいメニューの横へ注文数を書き込んだら

お店の人に渡します。


あとは待つだけ。

それが1時間後になるのか2時間後になるのか、それともそれ以上になるのかは神様しかわかりません。

ただ、昔と変わったのは、待合所が出来てたこと。

b0146414_22224164.jpg


以前ならばどんなに寒空でも、その下で座って待ってるか、車の中へ避難するかしか方法がなかったん

ですけど、今では雨や風をきちんと避けられるのが良いですね。

ストーブなんかもあって、割と我慢して待ってられます。


呼ばれると、すぐに目の前に注文したものが運ばれてきます。


僕は『かきおこの丞』

牡蠣が普通のよりもたくさん入った牡蠣250グラム入りの上カキオコです。

b0146414_22261711.jpg


半分ずつソースと岩塩で食べられるので、いつまでも同じ味で飽きるということはありません。

しかも、表面に広がっているオリーブオイルでカリッとさせた天かすがポイントで、べちゃっとした

感じがありません。

キャベツや牡蠣を入れたお好み焼きだと、どうしても水分が出ちゃってべちゃべちゃしたお好み

焼きになりがちなのですが、ここのお好み焼きはそういうのがありません。

ただ一つ言えば、以前はもうひと手間、牡蠣だけで軽く火を入れてからお好みにのせていたように

思ったけど、今回食べたのは生のままのっけたのか、ほんの少しだけ生っぽさを感じてしまったかも。

b0146414_22332074.jpg


味の方は言うまでもありません。さすがのお味でした。

お値段は1枚1300円ってことで、人それぞれの感じ方によって様々なんですが、牡蠣の量から言って

これで1300円で済んでいるとも言えなくもなく、広島のお好み焼き屋さんだともっと高いかもしれません。


せっかくなので追加で注文した、牡蠣のお味噌汁。

b0146414_22375455.jpg

b0146414_2238218.jpg


こちらは見た目から漁師料理のような感じでちょっと豪快な感じ。

牡蠣のエキス入り麦味噌汁だと思いますが、悪くは無いんだけど食べにくいのが少し難点かと。


でもまぁ、日生まで来てこの店で食べないと損をすると思います。


帰りに、近くの漁協直営の直売所で殻付き牡蠣を買って帰ろうと思っていたんですが、

行った時間が遅すぎたのか何も残って無くて、お土産は無しでした。

これからのシーズン、最盛期になるようですね。

来年もまた行こうかと思ってます。


いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2013-12-22 22:44 | 日記 | Comments(0)


<< お好み焼き たんぽぽ      因島から弓削島へ、そして因島へ。 >>