カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 07月 28日

全国高等学校野球選手権愛媛大会決勝

おはようございます。


まずはポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ



昨日は夏の甲子園への愛媛大会決勝戦が、松山の坊ちゃんスタジアムで行われまして、

母校ではありませんが地元・今治西高校の応援と、済美高校の安楽くんを見に行ってきました。

b0146414_7462919.jpg



それにしても、愛媛の野球人気の高いこと。

バックネット裏はもちろん、両サイドの内野席はほぼ埋まり、二階席にまでも観客が座っていまして、

両校の注目度の高さを感じさせました。


それ以前に、松山市内から坊っちゃんスタジアムまでが大渋滞で、車で1時間以上かかるという異常事態。

家を10時に出たのに、結局スタジアムに着いたのは12時50分。

着いた時にはすでに2回の表で、2対0で済美がリードしていました。

b0146414_7593589.jpg



その後4対0まで差が開いた時、もうこの試合は終わった、大量点差で済美が楽勝かと思いましたが、

そこから今治西が立ち直りましたね。


全国区の注目投手である安楽君が投げるボールをコツコツと打ち返し、4対2まで迫りましたが、

追加点を取られて5対2になってからは、安楽君を打ち崩せる予感は感じられませんでしたね。

悔やむとしては序盤3回のオーバーラン。

結果論ではありますが、走者を3塁に留めておいて、その次の3番中西で勝負でも良かったのでは?

と思いました。さすがに1ヒットで1塁からホームへ戻るのは余程の運か、大きなミスでもないと難しいと

思うのですが、次の打者で勝負になるのかどうかと信頼していないせいなのか、相手投手の存在の

大きさにやや誤った判断をしてしまったような気がしました。


4回裏、今治西1人目のバッターである中西君が、何度も粘った上でシングルヒット。

これには安楽君も大きなダメージを受けただろうと思いました。

b0146414_8472421.jpg



今年が3年生として高校生最後の大会となった中西君。

1年生の時から甲子園のマウンドに立ち、将来のエースとして嘱望されていましたが、怪我によって残念な

ことになり、それでも野手として頑張ってきました。


昨日の試合もファースト、外野手で活躍していました。

初回の済美の送りバントを猛ダッシュでキャッチして3塁送球してのアウトだとか、済美のスクイズを

ダッシュしてキャッチのままホームにダイビングしてのアウトにしたりと守備の面でもキラキラしていました。


でも結局は、今大会屈指の2年生投手、安楽君が率いる済美高校の前に5対2で負けてしまい、3年連続で

の甲子園出場は叶いませんでしたが、守り勝つチームで決勝まで勝ち上がってきた完成度には頭が下がる思いです。

愛媛県代表となった済美高校は、安楽君とともに各方面から注目を受けると思いますが、全国大会で

頂点目指して頑張ってほしいし、準優勝に終わった今治西高校の選手には、次のステージや来年に向けての

スタートを良い方向で切ってほしいと願っています。


夏の大会らしく暑い日差しの中でも清々しいプレーや応援の光景を見て、アラフォーのおっさんも改めて元気を

もらったような気がしました。


いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2013-07-28 09:21 | 日記 | Comments(0)


<< 北条風早まつり花火大会      無似舎での7月 >>