カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 25日

バリシップ最終日・一般公開

こんばんは。



まずは下の今治ラーメンバナーをポチっと押していただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ



バリシップ2013が本日閉幕しました。

3日間の熱気あふれたイベントがあっという間に終わってしまい、頭の中も体も、なんだかぽっかりと穴が
空いてしまったような気がしますが、家に帰って一人、やりきったという充実感もあります。


バリシップ最終日は一般公開日となっていました。

僕は開場時間の1時間前に会場入りし、お迎えするための準備などを職場のみんなでやっていました。

b0146414_2053206.jpg



でも、ネクタイを締めて、スーツを着ているだけで蒸し暑い・・・

こんなので、一日中、いや持ち時間の3時間ちょっとを持ちこたえることができるのだろうかと思いました。

ペットボトルの水を買い、休憩の合間で飲もうと思っていたのに、開場前にグビグビと飲んでしまう始末。

うちのブースの裏の潮冷熱側から、ほんのり冷気が流れてきていたような気がしただけでも、気分的に楽になって、

何度ももうちょっと頑張れそうな気持ちになることができました。



開場が朝10時。でも、その20分前には入り口付近にもう長蛇の列ができていました。

b0146414_20525863.jpg



普段身近に接する機会が無い海事産業への興味からなのか、それとも、今治の地場産業に対する期待感からなのか、

その答えは分かりませんが、とにかく市民にも注目されているイベントであるという事だけは十分伝わりました。


おもてなしする側も、少し緊張感があるようにも、これから始まる期待のようなものも感じられてましたね。

b0146414_20582079.jpg




そして、当初の予定よりも5分早く、9時55分に開場しました。

今まで待ってた人たちが堰を切ったように一斉に会場内に押し寄せてきました。

b0146414_20574064.jpg

b0146414_20573746.jpg



うちのブースでも、数千個のエコバッグと、バリィさんとコラボした“BEMACバリィさん”メモ帳を用意していたんですが、

午前中のわずか1時間足らずで、約半数が売り切れ・・・(^_^;)

b0146414_2144863.jpg



予想外の出来事とも言えそうですが、そこは上司が臨機応変に対応し、会社用のメモ帳を代用して

なんとか不測の事態を乗り切りました。



絶え間なく続く来場者の皆さんを見てると、ただやってきた人、何か物がもらえると思ってやってきた人、

海事産業へ興味を持ってやってきた人など様々で、いろいろなお話をしてくださる方もいれば、お宅の会社

の〇〇さんは親戚じゃとか、お宅の会社のブランド名の由来はなんですか?野間馬ハイランドの横にある

工場の中はどんなになってるの?とか、素直な質問にも答えられるだけ答えながら、あっという間に半日が

過ぎて行きました。



僕は13時までの役目でしたが、娘が通う小学校のバリシップ見学ツアーの予定では、13時過ぎからバリシップ

会場での見学となっていたのを覚えていたので、娘がブースの前に顔を出すまでは・・・という約束で残りました。


開場する前に、今回のバリシップでどうしても見ておきたかったのが、伯方島の村上石油さんブースにあった

大浜八幡神社の船模型を借りてきて展示していたもの。

b0146414_21195472.jpg



地域史研究家の我らが大成ケイボン氏が口利きしたとかとも話には聞いておりますが、それでも、この船模型を

バリシップへ持ってくるという発想が面白く、普段なかなか簡単には見られないとか、触れてはいけないような

ものを間近に見ることができたのは、非常に貴重な体験でした。



その後、待てども待てども姿を現さなかった娘が、ようやく姿を見せたのは13時30分頃。


職場のみんなが、あれもこれも持って行けとばかり戴くことになり、少しの間だけ父親の威厳を見せようと、

一緒に会場内クイズラリーを回りました。


僕の父親の職場でも好待遇で迎えていただき、この子がお孫さんでぇ~と言われながら、メモ帳を持っていき

と何冊も何冊も戴いてしまいました。



およそ数十分の子供孝行をした後、自社ブースへ戻り、会社へ戻ることにしました。


今回の収穫は、いろいろ有った中でも、いまぞうくんエコ電池と、新来島どっくエコバッグと、ヤン坊マー坊クリアファイルでした。


b0146414_21372123.jpg
b0146414_21375155.jpg
b0146414_2138528.jpg



うちの職場は、過去2回のバリシップで気付いたことを少しずつ改善しながら進めていました。

一般や子供向けにも受け取ってもらえるようなグッズとその数。

今はバリィさん人気のおかげで、バリィさんとコラボしたグッズに人は集まります。

結果的に、新来島どっくのエコバッグは数千枚がお昼頃には配布終了してしまい、うちのメモ帳も

一人一つどころか、3つも4つも掴んでバッグに入れてしまう奥様方がいたのも現実なれど、

一企業の限定グッズという事もあり、かなり高い人気であったのは間違いないところでした。


暑い展示会場内をなるべく涼しく回っていただきたいと思う気持ちの裏返しとして、団扇のプレゼントを

行っていた企業もありましたし、考えられるだけの飴やチョコを目の前のスーパーへ買いに行き、好きなだけ

取っていってくださいという会社もあるようでした。



それもすべては、来場者へのおもてなしの心。

どんなことをしても各企業のブースへ足を止めていただき、どのような会社で何をやっているのかを

少しでも理解してもらえるようにするのが、十年後・二十年後に繋がる第一歩なのではないかと思います。


幸いにも、時々放送しているテレビCMや、野間に出来た新工場の効果もあって、会社名&コーポレートブランドの

知名度は各年代別でもそこそこ増えていっているような感触を持ちましたが、まだまだ「どんな事をやっている会社ですか?」

と聞かれることも多く、まだまだ自分たちが思ってるほどでは無いと思いました。



さあ次は2年後、バリシップ2015に向けて期待はどんどん膨らみます。



いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2013-05-25 22:07 | イベント | Comments(0)


<< スパイス王国フジグラン今治店      バリシップ2013開幕 >>