2012年 10月 12日

明日はイマバリ・ストーン・ルネサンスのシンポジウム

今週末も各地でイベントが盛りだくさんのようですね。

この記事は数日前に書こうと思ってたのですが、アップ直前に消えてしまい、その後風邪ひいて

寝込んでいたため、今ようやくアップできそうです。



さて、明日10月13日から14日にわたって、今治市内でイマバリ・ストーン・ルネサンスの

イベントが開催されるようです。初日がシンポジウムで、2日目が現地見学会なのだとか。

主なテーマが、今治出身の高僧・凝然と今治の中世石造物との関連を結び付け、

今治の近見山周辺には、かつて高野山に負けないほどの信仰と学問の中心地であったと

いう説をいろいろな角度・見地から研究していこうと考えられている(のかな?)と思ってます。

そういう私は、まったくこの主催者“しまなみ石文化研究会”の会員でもないのですが、

友人たちがたくさん会員として活動されていますので、宣伝がてら書いてみました。


まず、10月13日の12時30分から17時まで、今治市民会館(市役所の南側の建物)で、

シンポジウムが行われます。日本の中世石造物などに詳しい学者先生などが来今され、

どのような討論が行われるのか、どのような新たな説が打ち出されるのか興味深いところですが

残念ながら私は仕事があるため行くことができません。それが非常に残念で。。。


2日目の現地ツアーは、今治に数百年間ずっと残っている五輪塔や宝篋印塔など、中世石造物を

実際に見学してみようというもの。 僕は関係者の人たちと一緒に、プチツアーと称する見学会に

先に参加させていただいたので、既に見て回っているのですが、なかなか貴重な体験ですよ。


b0146414_21381460.jpg
b0146414_21385036.jpg

b0146414_21475787.jpg
b0146414_21481880.jpg

b0146414_21393696.jpg



日本中探しても、今治市乃万地区のように中世石造物がこれだけ集中する場所はそうそう見当たりません。

数百年昔からずっと地域の人々に愛され守られてきた石造物を、歴史的な重要文化財として、

または石造美術品として、見学してはいかがでしょうか?

見た人それぞれが、いろいろな思いを持って見てみるのもアリだと思います。


直前なのでどうかはわかりませんが、まだ多少は空きがあるんじゃないかと思います。

お問い合わせ、お申込先は、しまなみ石文化研究会 
〒794-0052愛媛県今治市宮下町1-3-5 
電話0898-34-8885 FAX0898-34-8887 
メール nob@mist.ocn.ne.jp まで。


いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2012-10-12 21:45 | 日記 | Comments(0)


<< ロマンドロールの小倉生クリーム...      玉川もりともさんちでBBQ >>