2011年 12月 13日

沖泰司氏講演会in 職場(1)

いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
一日一回ポチっと応援クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


昨日(月曜日)、17時半から職場のホールで沖泰司さんの講演会が行われると聞き、
前もって参加申し込みをしていました。
沖泰司さんは、高校野球の名門である松山商業高校出身で、大学・社会人を経て、
1985年のドラフトで日本ハムから4位指名された元プロ野球選手。
最近の事で言えば、独立リーグの四国アイランドリーグ“愛媛マンダリンパイレーツ”の
監督を昨年までされていた方として有名だと思います。
そんな方が“まさかまさか”ですが、御縁あって僕らが勤務する職場に勤められているんです。

参加者は若手・ベテラン含め50名くらい。
思ったより多いような、こんなもんかと思うくらいか!?でした。

見回すと前の方が空いていたので、一番前の席に座りました。
気合十分です(笑)

ですが、案外、講演会って苦手なんです。
興味が無ければ最前列でも寝てしまいそうになるワタクシ。

テーマが「男気(おとこぎ)とは?」だったので、イメージ的にはバットを手に持ち、
闘魂注入的なことが始まるのかと思ってたりもしたのですが。。。
でも、このテーマは沖さんが決めたのではなく、職場の方から勝手に決められてたと沖さん
から説明があったので少しホッとしたのですが、ここからの一時間、本当に時間を忘れて
しまうほど良い・楽しい・為になる講演会でした。



最初に自己紹介から始まりました。
しかし、華やかだったであろう現役生活のお話は一切ありませんでした。

30歳の時に怪我で引退した後、営業もしたし、起業(共同経営で)したが相手に騙され
8000万の借金を抱えた。その後、マンダリンパイレーツのコーチ・監督となり、こちらの
社長さんとの御縁で期間は限られてますが雇って頂けることになりました、とのこと。

僕はほんの最近まで沖さんが同じ会社に居ることを知りませんでした。
別の事務所に居たからというのは言い訳で、アンテナが大きく張れていなかったと言えます。
営業マンとしては失敗ですね。


「男気とは何か?」ということが今回の講演テーマだったんですけど、沖さんはまずホワイ
トボードに「人と人」と書かれました。

野球を始めてからプロ入り後も、引退後もいろんな人に助けられてきた。その恩とか義理と
かを忘れてはいけないということや、逆の立場になった時に相手に対してどのように接する
ことができるか?が大事であると。そういう弱い立場の人に対して手を差し伸べられるのが
男気であるとも。

人と人との繋がりは大事で、「人生」とは「人を生かす」とか「人に生かされている」とい
う意味であると説明がありました。
「恩」とか「義理」という言葉はよく会長が使われる言葉で、人から受けた恩はきちんと返
さなければならないと教えられているだけによく解ります。
そして、いろんな御縁の下に生かしてもらっていると思いながら、日々暮らしていかなけれ
ばならないと改めて強く感じました。


もっと良い話がありますが、夜遅くなってしまったので続きはまたあとで。

おやすみなさい。


いつも読んで下さってありがとうございます。
下の今治ラーメンボタンを忘れずに押してください。
よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-12-13 02:32 | 日記 | Comments(0)


<< 道なき未知を進め~氷室京介「I...      今日の社食 >>