2011年 10月 22日

こってりしおら~麺☆麺屋武吉

いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
一日一回、応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


週末の夜は必須になっている麺屋武吉訪問。
「こってりしお」なんて食べる気なんかさらさら無かった金曜日の夜。
目標は「こってりしょうゆら~麺」他ありませんでした。

決して「しお」が不味いからという訳ではなく、むしろ“旨すぎる域”にあるラーメン。
塩を制するものはラーメンを制するほど難しい塩ラーメンを、これ程までに自分のものに
してしまう実力の持ち主である。
それを敢えて食べないと決めた理由も特には無いのですが、麺屋武吉に戻ってからという
もの、“しょうゆ”はまだ食べた事が無かったのもあるし、嫁が美味しかったというのも
一つの理由であろう。


しかし、券売機の前に立つと、その気持ちが揺らいでしまいました。
店長さんの「しお、まだ残ってますよ!」の一言もジワジワとボディブローのように効いて
しまいました。
夜の7時。普通ならば「しお」が残っている事は皆無。
某地域史研究家さんが、大好きな「こってりしお」を求めて行くと売り切れてたので、
リベンジを果たすために二日続けてこの店に通ったことは、一部の人に知られている話です。

そんな「しおら~麺」が残っていると聞けば、食べない訳にはいかないような気がして、
ついつい券売機の「こってりしおら~麺全部のせ」のボタンを押してしまいました。
そして、「こってりしお」と言えば、以前から試してみたかった「大盛り」
ちなみに100円プラスでラーメン/あえ麺は大盛りが可能です。


店内の席はじわりじわりと埋まっていき、7時半過ぎの時点でほぼ満席。
ですが、僕の後に「しおら~麺」を注文する人がいなくって、「こってりしょうゆ」ばかり。
「こってりしょうゆが人気やねぇ。僕も初心を守ってそうすれば良かった。」と言うと、
「塩終わったんですよ。」と。。。最後の一杯のようでした。

b0146414_1149863.jpg


白濁したスープは、表面にうっすらと脂の膜を作り、重みを感じる味にも。
しばらく“あっさり”重視の注文をしていた僕にとっては新鮮な感じでした。
“あっさり”が柔らかな口当たりならば、“こってり”は雄々しく豪快な印象。
でも、それほどコテコテな味ではありませんよ。

b0146414_11573694.jpg


全部のせイコール贅沢の極みとも言えるチョイス。。。です。
肉厚のチャーシューは表面を軽くバーナーで炙り、味付玉子は中トロトロ。
白髪ネギのシャキシャキ感がこってりしたスープにアクセントを付け、シナチクは
箸休めとなり得てます。

ここでポイントにするのが、最初にも書いた「大盛り」のことなのですが、全体の
バランスの意味から考察すると、全部のせには大盛りがよく似あうということです。
今までやってきた“並で全部のせ”をするとどうしても具材が余ってきてしまう感が
あったのですが、大盛りにすると麺とスープとトッピングの具材をちょうどで残らなか
ったので。(僕の食べ方での話なので、個人差はもちろんありますが・・・)


久々の“こってりしお”も大満足の一杯でした。
貴重な塩ダレですから、お求めはお早めに!!


こまぴたっ!
麺屋 武吉

[PR]中古車中古バイクならMj

東京の味と今治の味を融合させたラーメン
愛媛県今治市南大門町1-6-21
営業時間:11時~14時、17時~20時
定休日:水曜
TEL:0898-31-7133 
データは2011/10/24現在のものです。
おすすめレビューを見る



最後まで読んで下さってありがとうございました。
下の写真をクリックしてくださいね。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-10-22 11:16 | 日記 | Comments(0)


<< 隠れた名品      青い空を見上げて >>