2011年 10月 16日

麺屋武吉のつけ麺大盛り全部のせに・・・

半月ぶりに行ってみました。

最近ヘビロテではないくらいの訪問頻度になりました。
なんで?と訊かれても特別な理由はないんですけど、最近外食する機会もずいぶん
減りましたしね。
でも朝晩が冷え込んできた頃合い、ラーメンを食べてほっこりしたい季節になってきました。

10月初めからつけ麺専門店“若鶴丸”からラーメン店“麺屋武吉”に戻って半月。
ちょうど行った時は落ち着きを見せていたようでした。
でも、僕らが食べ始めた頃に言葉が違う人達が入ってきましたよ。
中国系の方かな?旅行に来たような雰囲気を持つ4人組でした。
武吉のラーメンが世界から評価される日はいずれきっと来ると思いますが。


人気のしおら~麺は完売・売り切れ。
ただ、今回のお目当ては「しお」ではありませんのでそれほど気になりませんでした。
今回のお目当ては「つけ麺」なので。

たとえ“同じ店”であっても同じものは出さない麺屋武吉のポリシーだと思いますが、
夏季限定の若鶴丸のつけ麺と、麺屋武吉のつけ麺では、何から何まで違うんですよね。

まず、麺が違う。
b0146414_836170.jpg

若鶴丸の麺も好きだったけど、武吉の麺の方がええのんつことるんじゃけん。(多分)
全粒粉の麺も好きやったけど。。。結局、悪いもんはつこてないということよ。

チャーシューは角切りからまあるく。
こちらの方が見た目にも華やかになるし、旨味がギュッと詰まってるような印象。
柔らかすぎず固すぎず、絶妙のチャーシューですけん。

それと、トッピングは自由なのですが、面倒くさいと思った時は迷わず“全部のせ”
全部のせになると、チャーシュー2枚と味付玉子が1個プラスで250円。


いつもならそこまでで止めるんですけど、昨日はいろいろやってしまいました。
プラス20円とプラス20円で、魚粉と干しエビのトッピングも追加。
ここまで来ると、つけ麺界のフルコースのようになってしまいました。
b0146414_9354381.jpg

券売機のボタンを押して「あっ!やってしもた。魚粉ついとるのに魚粉買ってしもた」
と言うと、武吉のつけ麺には初めから魚粉ついてないんだって。。。
そうやったかなぁ・・・当分食べてないんで忘れました。

当分食べてないんで忘れてしまったけど、若鶴丸のつけ麺とはまったく異なる風味の
つけ汁。若鶴丸のこってりに似ているような気がするけど違う。
そのまま飲んでみても、ぜんぜん違和感無いこのつけ汁に、艶々した麺を入れて口に
すると、、、まぁ幸せなことよ。
こんなつけ麺が作れる人はなかなかおらん、なんて言うと大袈裟じゃけど、どんだけ
気合い入れて作ったかてこんなに旨いのが出来るは稀。
どこばり他所のお店に行けんなるのは本当です。


嫁はこってりしょうゆら~麺の全部のせ。
これもウマいんよね~♪
b0146414_9584589.jpg



いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-10-16 10:06 | 日記 | Comments(0)


<< 湯ノ浦温泉まつりへ      アーリーブルーメル旭町店 >>