2011年 09月 22日

薄氷を踏む思い

昨日のサッカーU-22代表の試合、ヒヤヒヤの勝利でした。


過去の代表であれば、失礼ながらマレーシアくらいなら10-0くらいやってた、いや、
きっと出来るくらいの実力差はあると思っていただけに、どうにか2-0での勝利と
いうのは、最低限の仕事を一応したという感じしかしないです。


相手を舐めまくってたのか、勝ちに・・・ではなく負けないようなサッカーに
終始したような消極的なサッカーかな、と。
序盤の1点取るまではそれなり、、、かな?と思いましたが、中盤でパスを回すことに
終始し、最後は苦し紛れのシュートをふかしてしまってたような。
途中からは足元にしかパスは出さない、中途半端な場面でボールを奪われカウンターを
喰らってピンチになるなど、観ていて(テレビでですが・・・)ガッカリな試合でした。


うちの父は「選手もだが、監督が一番悪い。」と、関塚監督を指摘しまくり。
選手にある程度の規律を与えなければ、このチームは誰も彼もが好き放題やってるように
見える。試合中に何の指示も出さないあの監督じゃあダメや、と厳しいことを。。。
後半途中、前線中央の3人が固まりパスをもらう為に動くことない姿に、「あいつら、
俺がシュートを決めるから良いパス出してこい!と思っとんぞ。あんなんじゃダメや。」
とバッサリ。
唯一褒めたっぽいのが「清武はA代表に選ばれるだけにそれなりだったけど他は駄目やな」ですって。

父は古い時代(1960年代後半)からサッカーをやってきて、一応「愛媛サッカーの歩み」と
いう書物にちらっと名前が載ってるくらいなので、サッカー歴も実績も僕なんかは勿論、
どこばりの人より断然上の人みたいなんです。
現役時代はよく知りませんが、とかくトロフィーとかカップが家にあるので。
そして長く少年サッカーの指導者もしていた(ボランティアでしたが)だけに、今の戦術が
どうのこうのとは言いませんけど、選手を見る目だけは“もしかしたら”。


とにかく昨日は、セルジオ越後氏よりも辛口コメントが連発してた90分間でした(笑)
久し振り(数十年ぶり)に、怖い鬼コーチが復活してましたよ(汗)
昔を知る方はご存知だと思いますが、こういう時に近寄るのは不吉です(笑)


いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-09-22 23:54 | 日記 | Comments(2)
Commented by 何似? at 2011-09-24 11:23 x
ちょこっとだけ観たのですが、、、、

ズルズルの試合でしたね、、、、、

テレビで流していいの????

仮にも「代表の試合」ですからね、
いくら「格下」と言っても、
手抜きは見苦しいです、
Commented by shinya-ue at 2011-09-25 00:12
何似?さんへ
手抜きというより「あれが実力だったら・・・」
海外組を早く招集できなければ、厳しい試合は
続くんじゃないでしょうか?
オリンピック予選の場合はクラブに対する強制力が無いので
手放さないでしょうね。


<< 暇な休日      branch coffee ブ... >>