2011年 07月 23日

ツイッター

先日、なでしこジャパンの熊谷選手が、友人との飲み会の席でのことを、同席していた人に
リアルタイムにツイッターへ投稿され、熊谷選手本人がその時の行動を「軽率だった」と
謝罪するに至った。

当然、今回のワールドカップ優勝が無ければ、これだけ注目もなく、このような問題にまで
ならなかったはずではあるが、ツイッターでリアルタイム中継した男子学生へのお咎めと
いうものがもし無いのであれば、危険であろうと考える。


芸能人または有名人がどこで誰とどんな事をしてるのを見た、というのは、
一般人にとっては自慢話かもしれないけれども、書かれた対象にとっては迷惑な話である。

どんな有名人だといっても普通の人間ですから、オフレコの話もあるだろうし、羽目を
外したい時もあるだろう。そういうものを本人の確認も取らず、安易に世間に出せてしまう
ことがツイッターの「暗」の部分と考える。

もちろん、リアルタイムで情報などを発信でき、周囲の人が一斉に情報を共有出来る利点は
素晴しいと思うけれども、自分の書いた一言が大勢の人や社会現象にまで波及する可能性が
あるということを考えなければならない。

たとえば、嘘の情報(芸能人の○○がいる等)を流して街をパニック状態にしたり、
芸能人が会食している姿をリアルタイムに中継していたというニュースも記憶に新しいところ
であるが、そうなると個人のプライバシーというものは全く無いに等しいとも言えるし、
そのような事で書かれた方のその後の人生が変わってしまうのならば、非常に残念だと思っている。


話は熊谷選手に戻るが、僕も三浦知良選手の意見と同じで「熊谷選手は悪くない。」と思う。
熊谷選手側にどのような行動があったにしろ、投稿した側に今回の責任はあると思う。

今度の事は、日本にとって久し振りの明るい話題に水を差したようなニュースだった。
ただ、このことは私にとっても対岸の火事とは思わず、ブログを書く一人として慎重な振舞いを
と改めて考えさせてくれる一件となった。


いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-07-23 09:12 | 日記 | Comments(3)
Commented by サッシーズ1号 at 2011-07-23 11:21 x
同感ですな( ̄ー ̄)(ー_ー)( ̄ー ̄)(ー_-)
Commented by ミルミル野サル at 2011-07-23 17:43 x
まったくです。
Commented by shinya-ue at 2011-07-24 10:02
サッシーズ1号さん、ミルミル野サルさんへ
ありがとうございます。
慎重かつ大胆に楽しくやりましょうね~


<< 野村食堂      本当の名前で出ています。 >>