2011年 07月 18日

光屋のつけ麺オススメ!

JUJUってタメ年なん!?って驚いた7月17日の夜です。

テレビ番組で年齢非公開って聞いて、思わずウィキペディアで調べるとビックリ!

ここ数年で注目されたアーチストなんで、年下なんかなと思ってたんですけど。

ま、彼女も「黄金世代」の一員ということですな!(笑)



さて、一昨日も今日も「久留米ラーメン光屋さん」のつけ麺を食ってきました。
b0146414_23291230.jpg

一昨日の夜はそうでもなかったけど、今日の夜はかなり混んでいました。
「私、ここのバイトはできん。めっちゃ忙しそうやもん。」と言う嫁。
多少の忙しさなら言わないはずの嫁が言うのだから、よっぽどハードそうに見えるん
だろうなと思ってしまいましたが、テキパキ感が群を抜いてます。


一昨日食べた「豚骨つけ麺」があまりにも旨すぎて嫁を誘って来てしまいました。
鉄板の旨さの久留米風豚骨ラーメンのスープに辛味と酸味が加わり、立派なつけ麺に
なってます。
b0146414_01296.jpg

一昨日の豚骨つけ麺を食べた帰りに、店主の西田さんから「今年は海老つけ麺を一押し
に考えてますんで、次回はぜひ食べてみてください!」との言葉を頂きましたもので、
今日は海老つけ麺をチョイスです。

単に蓮華に干し海老がトッピングされているだけかと思ってましたが、流石にそんな事は
なく、つけダレの方にも海老の香りと甲殻類の味が移っていて、海老を楽しむ要素は
十分にあります。海老が立ちすぎるのと塩辛さがわずかに普通のつけ麺より強い気がする
ので、好き嫌いがハッキリする傾向にありそうですが、個人的には好きです。

麺も好き嫌いがありそうですが、一部のコアなファンからは豚骨ラーメン用の麺を替え玉
で注文して食することもできると聞いていたので、僕もそれに倣って注文してみました。
b0146414_0383438.jpg

これまで光屋さんの麺をそれほど評価していなかったのですけど、今日ほど考え直しをさせ
られた日はないですね。麺もおいしい。
僕の好みはカタ麺ですが、たとえ軟麺だったとしてもこのつけダレとの相性は良いように
感じます。
この食べ方もアリですし、スープ割もご飯割もオールマイティーなつけダレってことで、
これが持つ可能性は底知れない感じがしてます。


贔屓目なしで、つけ麺屋若鶴丸さんの「あっさりつけ麺」にも匹敵する味と言えるのですが、
四国の地方都市である今治市に美味しいつけ麺を食べられるお店が少なくとも2つあるのは
本当に幸運なことです。
中でも、光屋さんは夜11時まで営業しているので、仕事帰りでも気軽に食べられるように
なりました。こうして選択肢が増えていることが僕らの幸せにもなっているんじゃないか
って思います。


今日の一曲。ケツメイシの「こだま」です。
「こだま」という言葉は、金子みすゞさんの詩にも使われていたけど、人と人との触れ合い
方をたとえている意味があるように感じます。
僕も人と人との繋がりを大事に、こだまのようにきちんと返ってくるような人間関係を
築けたらって思います。



いつも読んで下さってありがとうございます。
愛媛ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-07-18 01:02 | 日記 | Comments(0)


<< 日本サッカーの課題点      お持ち帰り >>