カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 29日

君が踊る、夏

台風2号接近中です。
移動スピードが少し早くなってるんでしょうかね。
四国に最接近するのが、金曜日の時は30日未明から午前中だったのが今夜みたいです。
今日も一日“雨”の予報ですから、家でおとなしく・・・が良いのでしょうか。


そのためというわけではないのですけど、昨日、蔦屋にDVDを借りに行きました。
今回のテーマは「四国」です。
僕らが生まれ育った、行き慣れた場所を見ると、より親近感が湧くと思って。
といえども、愛媛県四国中央市を舞台にした「書道ガールズ」は既に見てますから、
それ以外を考えてました。

今回レンタルしたのは「君が踊る、夏」と「船を降りたら彼女の島」と「ロード88/出会い道、
四国へ」です。

その中でも一番見たかったのが「君が踊る、夏」。
去年の映画公開の時から観たい観たいと思ってたんです。
実話から生まれた脚本で、高知県内各地の風景を背景に恋や友情や夢や様々な想いが
ぎゅっと詰まったとてもよい作品です。

詳しい話はここではしない方が良いのかもしれませんが、最後の夏になっても良いから
よさこいを踊りたいと願う難病を持った少女と、その気持ちを叶えようと一生懸命になる若者達
の姿、そして、クライマックスである演舞の華やかさやカッコ良さが、心の中にスーッと入って
きます。
観終わった後に、こういう熱い夏を過ごしてみたい!と思ってしまいました。
そして、自分にとって一番大切なものは何か?ということを考えさせられた作品でした。

田舎には何にもない、とよく耳にする言葉です。
普段見慣れて当たり前のようになってしまってるけど素晴らしい郷土の宝物がすぐそこに
あるのに、若い頃はそれらに気づくことも、気づこうとすらしなかった。けど、歳を取るにつれ、
素晴らしさを教えてくれる友人たちのおかげで、今は徐々にですが興味を持てています。

今治にも「おんまく」という夏祭りがあり、よさこいのような「ダンスバリサイ」がありますけれど、
しかし僕も既に36歳。ダンスのセンスもなく、今更踊ることはかないそうにありません。
ただ、もう一つの「木山音頭」「今治お祭り音頭」のチームには毎年参加しておりますので、
こちらで頑張ってみようと思ってます。
ちなみに昨年は踊りのお師匠さんが不在だった為、チームの先頭で踊らせていただきました。
「あの先頭を踊りよったん誰?上手に踊りよった。って訊かれたわい。」って後で教えて頂いたり
すると、やって良かったと思いました。
暑くて汗もダラダラ流れ、足の裏の皮がズルむけになろうとも、笑顔(一応そのつもり)で踊って
いると気持ち良かったです。
今年今治が一番熱く盛り上がる夏「おんまく」は8月6日、7日です。


「君が踊る、夏」の主題歌は、東方神起の「With All My Heart~君が踊る、夏~」
この映画の為に書き下ろされたんですって。
東方神起も今はバラバラですが、この映画のよさこいチームのように再結成して、また5人での
歌声を聞かせて欲しいですね。



愛媛ブログランキングに登録しています。
このブログを読んだよってしるしにクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-05-29 11:10 | 日記 | Comments(0)


<< 小林可夢偉は5位~F1モナコGP~      旧・西伯方村を歩く >>