カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 19日

バリシップ2011開幕

5月19日に開幕した、西日本唯一かつ最大の海事展“バリシップ2011”に行ってきました。
b0146414_1948315.jpg


夕方の地域ニュースでバリシップ開幕の模様を紹介していましたが、海運業者・造船会社・
舶用機器メーカーが集約している世界的にも稀な海事都市・今治は人口20万人にも満たない
中小都市。
その今治市の産業である造船・海運業が、世界の流通に大きな影響を持っているということは
地元でもあまり知られていないような感じです。
今回の海事展により、開催地の方々が広く浅くでも海事産業への興味を持ち、将来ある子供
たちが夢を見られるようなイベントとなってほしいものです。


招待状がなくても、入口で名刺を2枚用意して申し込めば潜入することができました。
午後から入りましたが、会場内は既に、熱気に負けてしまいそうです。

まずメイン会場を入ると、造船パビリオンということで、今治を代表する今治造船と新来島どっく
のブースを左右に見ることができます。
b0146414_20141140.jpg


2年前も感動し、通路の真ん中で何度も何度も繰り返し見ていたのですが、今治造船のPVは
凄過ぎ。鳥肌が立ちそうでした。
創業1901年から現在までの歴史が写真とともに流れ、船が出来るまでの工程、船が進水
する時の常識外アングルからのシーン、航行中の雄々しさ、そして最後の「Made in IMAZO」、「Welcome to Imabari」の文字。
売ってたら買いますよ。非売品のようですけど。


浅川造船では花の種が入った缶をいただき、かつての同僚(後輩)と再会。

数々の舶用機器メーカーさんからはカタログなどをいただき、製品知識をもっと勉強して下さいよ!
とばかり見えないプレッシャーを感じました。


仲良しブロガーさんのミルミル野サルさんとは僕が帰り際の16時頃に入口ですれ違い、
これから見学なのだとか。。。閉場まで1時間ではあまりに厳しすぎるとは思いましたが、
21日の一般公開にお子さんを連れて再度やってくるんですって。
工場見学ツアー(潮冷熱~渦潮電機~新来島どっく)も楽しんできてくださいね。
僕はフツーに仕事してます!


21日の一般公開に向けて、愛媛ローカルで流れていると思われるテレビCMをご覧ください。




さて、海事展や進水式のような華やかに見える部分ばかりが注目されますが、実際の船造りという
ものは、3Kと呼ばれる悪環境の現場の中で汗水たらしながら“ものづくり”をする方たちの努力と
知識と経験がモノを言い、頭が下がる思いです。
いくら機械化・コンピュータ化され、機械に頼る部分が増えていても、最後の最後は人間の力です
から、人と人とのつながりも大切です。
今回の海事展に参加して各社の最新製品の良さを感じながら、人間関係やお付き合いの大切さも
強く感じてます。お会いできたお知り合いの方数百人。良かったです。


明日は勤務先のブース付近でお待ちしております。
来て頂いた方に疲れた顔を見せないように、今日はさっさと眠ろうかと。。。


愛媛ブログランキングに登録しています。
ブログ読んだというしるしに、クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-05-19 21:42 | 日記 | Comments(4)
Commented by さゆさゆ at 2011-05-19 22:55 x
本日は、なぜか?お店の前をスーツを着たサラリーマンを乗せたタクシーをたくさん見かけました。(^-^)

あぁ。。。始まったんだ。(=^・^=)

一般公開の土曜日は会社もお休みのようで。。
縁の下の職人さん達もお休みみたいです。

実を言うと、そういう職人さん達に、さゆさゆ達は支えられているんですよ!

お休みになったから!ってご予約頂きました。(^-^)

大きなイベントだけれどそれを支える人達は、それぞれ想いがあるでしょうね!頑張ってくださいね!(^-^)
Commented by ミルミル野サル at 2011-05-24 18:43 x
いやあ、やっぱ、一時間は無理でしたね。
ギリギリまで粘ってたんで、パーティーに遅れそうになっちゃいました。
その土曜日も結局、ゆっくり廻る事にはなりませんでしたし・・・
次回こそは!
Commented by shinya-ue at 2011-05-25 02:14
さゆさゆさんへ
今治には珍しくスーツを着たたくさんのビジネスマンが、昼も夜も
街中を移動していた数日間だったですね。
工場見学会が行われる影響で、工場内で働く方々はお休み。
日給月給の方にとっては貴重な仕事日を失うのは残念なこと。
でも、たまのリフレッシュ日、気分転換にバリシップに行ってみた
って方も大勢いたのではないでしょうか?
今治の地場産業を根底から支える人々や、将来に夢や希望を
抱く子供たちへのメッセージになってたらいいですね。
Commented by shinya-ue at 2011-05-25 02:16
ミルミル野サルさんへ
一時間は無理でしょお!(笑)
僕もなんだかんだと半日かけて回ってもまだ十分ではないのに。
でも、何かと有意義な3日間ではなかったでしょうか?
また2年後。


<< 帆船日本丸とバリィさんの伊予柑...      明日からバリシップ2011始まる。 >>