2011年 04月 19日

いんおこ巡礼スタート

瀬戸内海に浮かぶ因島。

造船とはっさくの島として有名!?ですが、かつては杜仲茶や除虫菊の栽培でも
有名だったそうです。


そして今、因島は大きな変革期にさしかかっています。


地元の修繕専門ドックである三和ドックが制作するタウン情報誌ij(Innoshima Japan)
昨年発行されたNO.2で紹介されたお好み焼きが、ひそかに因島発B級グルメの新たな
ジャンルとして取り上げられ、盛り上がりを見せようとしております。


因島のお好み焼き、略して“いんおこ”

今年3月まで放送されたNHK朝ドラ“てっぱん”の舞台は広島県尾道市でした。
市町村合併によって尾道市に吸収された因島もやはり造船の町らしく、鉄板文化が
色濃く残っております。

因島に存在するお好み焼き店は26店。
それを全部巡り食するのが、“いんおこ巡礼”なのです。


ij(アイ・ジェイ)の順番で巡るとならば、まず外せないのが1番札所「うえだ」さん。
因島の土生商店街付近にあるお店ですが、有名なお店の一つなのだそうです。
b0146414_0185098.jpg


カウンターに6人くらいと、座敷に4人掛けのテーブルが2つのこじんまりとしたお店です。
やはり人気のお店のせいか、人の出入りが多い!
予約席の札も置かれてるし、持ち帰りのお客さんもいるしで、お店は忙しそうにも見えましたが、
島の雰囲気のせいか、のんびりした時間が流れます。


とりあえず、記念すべき“いんおこ”1枚目はベーシック(豚肉、玉子)にしました。
広島風と違うところは、広島風では普通そばがメインだと思いますが、因島ではうどんが
メインなのだということを知り、初めてうどん入りのお好み焼きをチョイス。

b0146414_0254910.jpg


見た目は普通の広島風のお好み焼きです、、、
食べやすいように細かく切ってくれています。優しさですね。
そして、その中には、、、うどん。

b0146414_0563689.jpg


コシのないうどんですが、ふんわり柔らかなお好みにはピッタリですね。
お年寄りや小さな子供向けにもいいと思います。
そして、割とあっさりめに感じるソースが、重たさを感じさせません。
一枚くらいは軽くペロリと食べてしまいました。


商店街は道幅も狭いし、駐車場がないかと思って、近くの市営駐車場に停めて歩いたの
ですが、お店の前にも駐車場ああるので(ただし数台分のみ)、ジュース代が惜しい方は
お店の前まで行ってみてくださいね。
b0146414_131891.jpg



上田お好み焼き
尾道市因島土生町塩浜南区1899-178
電話0845-22-4407


愛媛人気ブログランキングに登録しています。
応援のクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-04-19 01:35 | 日記 | Comments(0)


<< 大出たばこ店      カレイ山のカレーライス >>