2011年 02月 08日

船が泊まらない島

島といえば大きすぎますが、かつては孤島ともいうべき存在の四国です。

本州や四国へ行くにはフェリーや高速艇などに乗らなくてはならなかった対岸の町が、
橋が架かったことによって利便性が上がり、やがて高額だった通行料金が下がり、
人の行き来が増えてきたことは好意的に思います。


しかし、その反対に失うものも大きく、かつて唯一の交通手段となっていた船は、利用率減に
よって徐々に便数を減らし、やがては休止・廃止となり、四国の港町は今まさに危機を迎えて
おります。


先日のニュースで知った、大島フェリー(協和汽船、今治港~下田水港)が今年3月1日より休止、
そして今日、フェリーさんふらわあ(関西汽船・ダイヤモンドフェリー)の別府~大阪航路(上り)で
5月1日から松山寄港取り止めというニュースに驚きを感じました。
下り(別府行き)便は昨年すでに寄港を取りやめていますし、これで、100年以上の歴史があった
松山発の関西便が完全に無くなったのだそうです。


失ってから気付くという愚かさを僕らはまたやってしまっているのでしょうけど、確かに、
目先の利益(ETC休日割引1000円)を取ってしまったことによって、これまでは船で行ってた
場所へ行くのにも、高速道路を使っているのは間違いないですし、そんな事をしながら、
フェリー航路を残してくれと言ってることは、矛盾していると承知の上です。


今後、政権交代または政策転換または財政破綻にでもなれば、現在の高速道路割引、
特別料金はもちろん廃止へ向かっていく可能性はあるでしょうし、そのツケが最終的に
僕ら国民に返ってくることは間違いありません。
高速道路も高額ならば、それに代わる交通手段もないという結末。
その時に「あの時こうしていれば」と言っても仕方がないのです。


フェリー航路には、利用者だけでなく、そこやその周辺で働く人々の生活があります。
そして、フェリーを建造したり修繕する造船所や、それに関わる企業にも影響が現れます。
わずか数十秒のニュースの中に非常に重要な意味が隠されていると思っています。


ブログランキングに登録しています。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-02-08 23:57 | 日記 | Comments(5)
Commented by ミルミル野サル at 2011-02-09 02:25 x
まさにその通りだと思います。
フェリー会社はあくまでも営利企業ですが、公共交通機関でもあるのに、国が一方的にそれらの企業の競合手段を優遇するとは愚策としか思えません。
しかも船は一度廃止してしまったら、すぐには戻りません。船体、船員、港湾設備・・・。

しかし、この問題については、私たちの様な業界の人間が、もっと声を出すべき問題だったのでは?それも、こうなる以前に、もっと世間に周知すべきだったのでは?と、後悔してしまいます。
しかし、有効な手段も思い付かないのが、もどかしいのですが。

実際、高速道路割引後、各フェリー会社の陳情のニュースが報道された際、某コメンテーターが
「コストダウンの企業努力もせず、助成せよとは、甘えている」
と、言う趣旨の発言をしていました。
「業界外&船を利用しない人」の認識はこの程度の様です。
Commented at 2011-02-09 02:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 大成ケイボン at 2011-02-09 09:24 x
交通体系については、ちょっと不便でもいいから、残さなきゃいけないものもあると思います。陸の道の整備・利便さばかり追求して、海の道の活路を阻害するやり方は、大局的な見地にたってるとは思えません。それが今の政府のやり方?国民の生活が大事というのは、そういうことなのか!?

日本は、海洋国であり、島国です。船員後継者もなり手は少なく、海の翼を失いつつある昨今、有事の際の国防(海防)もあったもんじゃない。ちょっと失言が過ぎましたm(__)m
Commented by 何似? at 2011-02-09 15:19 x
今治の港湾もすっかり淋しくなりました、

当方が父の仕事の際行き来していたときは、
フェリーの上は、
ホント、
大島の住人や仕事で通う方の交流の場だったように感じます、
Commented by 連合・サービス連合傘下の at 2011-11-23 21:56 x
連合・サービス連合傘下の

関汽交通労組はハラスメントに対応しろ!

● 職場に苦手な人がいて、朝、会社に行くのがつらい・・・・

● あの人の顔を見ただけで、何か言われるかとドキドキしてしまう

● 自分はいったい、どんな悪いことをしたのだろう・・・

● 仕事がうまくこなせず叱られてばかり、自分はダメな人間だと思ってしまう

● なぜ上司はあんなに酷いことを平気でするのだろう?

もしあなたがこんな感じで、職場の人間関係で辛くなってしまっているとしたら、それはモラル・ハラスメントが原因かもしれません。

職場のモラル・ハラスメントとは、静かに・じわじわと・陰湿に行われる精神的ないじめ・嫌がらせです。大人げない態度や、きつい言い方であっても、一見、指導などの形態でなされるモラル・ハラスメント。 周囲はもちろん、言われている本人も、それが 「ハラスメント」とは気づかず、その本人自身が 悪いと感じていることがほとんどです。



<< すき家の牛丼      誕生日にはトマオニ >>