カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 30日

美しくないが強い。。。けど最後は。

まずは日本、優勝おめでとう


よく耐えた、そしてよく1点取った、と言える試合だったとは思いませんか?

明日からは李忠成が大スターのように持ち上げられるかもしれませんが、そんなんで
一喜一憂しないでください。マスコミの皆様。
昨日までは今野だったのに・・・


それにしても、対戦したオーストラリアの徹底した攻撃はまったく美しくはないけれども強い。


勝負に勝つためには相手の弱点を攻める。

勝負に勝つためには相手の良い部分を消す。


という部分では、よくぞまぁこれだけ徹底してパワープレイしてきたことか。。。

序盤からのオーストラリアのパワープレイに日本は何度もピンチを迎え、
それを嫌がったためにディフェンスラインを上げることがなかなかできず、ズルズルと下がり、
ボールを奪っても攻撃に移れず、、、消化不良。
藤本淳吾は香川の代わりにはなり得なかったし、香川のように自分から仕掛ける選手が他に
居なかったということで、香川の価値は一層高まってしまいましたね。



まったくあきませんわ。。。絶対勝ち目ないと思いました。



今の代表はディフェンスラインが安定しておらず、この要因としては、吉田の若さと
今野のハイボールに対する(というよりも高身長選手に対する)弱さからくるものでは
なかろうかと思います。


過去にさかのぼれば、、、
2006年ドイツワールドカップでのディフェンスの脆さも、宮本のハイボールの弱さ、
1対1の弱さを徹底的に突かれ、一人でカバーしようとした中澤のスタミナが切れたものと
思っております。


それに対して、2010年南アフリカワールドカップでは、中澤と闘莉王がハイボールを
とにかく弾き返し、守備が安定できたことがベスト16まで勝ち上がれた要因かと。


今回の試合では前半早々に、岩政を投入してから守備が少しばかり良くなり踏ん張れた
ということから言えば、やはりセンターバックにはハイボールや競り合いに強い選手を
配置すべきだと思っています。



オーストラリアは黄金世代(というか30代前半の力のある選手たち)が集結する最後の試合
というべきか、力は歴然でしたね。
ただ、パワーも高さも日本とは段違いで、まるでヨーロッパの強豪国との試合を観ているような
錯覚を感じました。
それでも、やはり最後の方はスタミナ切れだったのか、決定的な部分でのミスが多く、それに
救われたような場面が多かったようにも思えました。



ま、とにかく、どんな形であれ試合に勝利し、大会に優勝できたということは喜ばしいことかと。

ザックジャパン無敗伝説はいつまで続くのか?


さて、もう寝ないと、明日は早起きして新居浜へ向かいます。
はまさい&産業遺産バスツアーです。



ブログランキングに登録しています。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-01-30 03:01 | 日記 | Comments(4)
Commented by 大成ケイボン at 2011-01-30 09:27 x
眠い…。

豪州のシンプルな前線へのハイボールの繰り返し。見慣れてくると、飽き飽きしてきますが、それが得点につながるのなら、常套手段となり得るのでしょうね(*_*)

確かに、アジアカップでありながら、豪州は欧州強豪国の感ありでした。苦しみもがきながらも、よくぞ勝ったぞ日本(^O^)/

監督の采配に応えた途中出場や交代起用の選手たちも、とても印象的な大会でした。
Commented by 何似? at 2011-01-30 15:55 x
「アジア」規格外のオーストラリア対「アジア」
といった印象の大会の気もしたのですが、

サイドは少々崩されても、
中がしっかり守れば、
「アジア」相手なら、大丈夫?と思われたのか、

試合にはかろうじて勝ったのですが、
彼らを攻略したか?といえば、


(2倍速で見たため細かい点はまだ見れていないのですが、、、)
Commented by shinya-ue at 2011-02-04 01:09
ケイボンさんへ
眠かったですね。あれからもう1週間近くたってしまいました。
その間に、岡崎はドイツへ、長友はなんとあのセリエAのインテルへ
移籍というサプライズがあり、世界のサッカー界で日本人が注目された
一週間となりましたね。
やっぱり大きな大会で結果を残せば、それなりに評価してくれるという
現実がわかりましたね。
もっと多くの選手が世界に飛び出すべきでしょうね。
Commented by shinya-ue at 2011-02-04 17:58
何似?さんへ
オーストラリアがアジアサッカー連盟に加わってから、なんだかアジア
サッカーの勢力図が変わってきたような気がします。
隆盛を誇った中東の国々の元気の無さが、今大会では見られたような・・・
圧倒的なオイルマネーで補強をした開催国も、チーム内分裂でも
してるのかと思うくらい弱かったかつての強豪国までも準決勝まで
勝ち残れなかったのは意外でした。
やはり侮れないのは韓国で、最後の最後に追いついた精神力の強さ
は後々の脅威となりそうですね。

日本はスペインを見習えと前回ワールドカップの時に叫ばれましたが、
果たしてどうなのやら?


<< 明日から2月ってことで。。。      気持ち盛り上がってます!! >>