2011年 01月 03日

ボクノート

今日は朝の寒さで目が覚めました。


何気につけたテレビで、映画ドラえもんの『のびたの恐竜2006』をやってたので、
つい見てしまいました。といっても、最後の一番良い部分の20分くらいだけだったの
ですけど。


DVDなどでも何度も観ていて慣れているはずだったのに、やっぱりいつも同じ場面で、
新年早々から感動させられてしまいました。
誰にでも別れというものはいずれ来るものですが、のび太とピー助との別れはまるで
親子の一生の別れのような気にさせられます。


昨年の作品が、映画ドラえもん30周年、漫画掲載40周年、TVアニメ30周年記念作品
だったのですが、既に親子間で、下手すると祖父母と孫の間で共通の話題ができてしまう
ほどの長寿作品です。
いったん終了したものをリメイク・・・というのではなく、ここまで継続してやってこられたのは
素晴らしいことです。
僕らが生まれた頃には既にドラえもんが漫画本やアニメで存在していて、彼らとともに
育ってきた自負があるだけに、今の声優陣の声が当たり前だと思っている今の子供たち
とは、いくらかの溝みたいなモノがあるのかもしれませんが、親子で一緒に映画を観に行く
のに苦痛にならない作品というのはいいことです。(クレヨンしんちゃんやちびまる子ちゃん
も同じような存在になりつつある思いますが、既にポケモンもその域に届くかも??)


ドラえもん映画のリメイク版は、脚本を有名小説家が書いてたり、CGを使ったりしてて、
少し大人っぽい作品になっていると思いますが、今も昔も変わらないのは、原作者からの
メッセージ。
夢を持つとか、仲間との友情を大事にするとか、悪い事をしないとか、最後まで諦めないとか、
そのような、人として基本的なことを作品を通じて伝えてるんだろうなって思ってます。


感動的なエンディングのあとに、エンドロールとともに流れるのが、スキマスイッチの
「ボクノート」
第2期ドラえもん映画の主題歌って良い歌がいっぱい揃ってますが、これが第一作目。






この映画のキャッチコピーは、『君がいるから、がんばれる。』




ブログランキングに登録しています。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-01-03 10:03 | 日記 | Comments(2)
Commented by at 2011-01-03 11:09 x
昨日は.サザエさんww

アケオメ コトヨロ
Commented by shinya-ue at 2011-01-03 11:32
将さんへ
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

昨日はサザエさんがあったんですね!
観月ありさのサザエさんが妙にハマってます。


<< 新年リラックマ      すき家の食べラー牛丼 >>