2011年 01月 03日

すき家の食べラー牛丼

牛丼屋さんで牛丼を食べるのは久しぶりなのですが、今治にあるチェーン店と言えば
「すき家」か「吉野家」のどちらかです。


大学時代までさかのぼれば、松山市本町にある『三河家』の牛丼が僕らのサークルの
御用達のような存在で、飲んだ帰りとか、学祭の夜の火の晩のあとの朝ごはん=先輩からの
差し入れの思い出が残っています。(当時、焼き芋屋をやっていた我がサークルは灯を絶やしては
いけない決まりとなっていたため、朝まで酒を飲みかわしながら朝まで語り合っていました。)

今でも、牛丼といえば三河家と言う友人も居るほどです。
当時は、中野家派とか三河家派とか好き好きでしたが、中野家はすでにこの世に無いのだとかで。


でも最近では、牛丼もデフレの象徴のような存在で、300円を切るような価格で販売されていて、
自社のコストダウンを邁進し、他社との価格競争を繰り返すことによって、我々消費者にとっては
お財布に優しく良いことだとも言えますが、果たしてそれだけで良いのか?目先のことだけに
とらわれてていいのかとも思います。
もしきちんとした仕事をしてたとして、その一杯が仮に200円だとしたら、とにかく安けりゃいい、
で終わらせてはならないと思います。それが牛丼にしてもラーメンにしても何にしても。


話は横道にそれましたが、今回、すき屋で牛丼を食べた時の話です。

今治ICから市内へ進んでいく道沿いには、いろいろな飲食店があって、ラーメン屋の「りょうか」
とか同じグループのお好み焼き屋「たろめ亭」、ファミレスの「ガスト」、和風ダイニング「風音」。
あとはラーメン屋さんとかカレー店とか。その中に「すき家」もあります。


夜7時頃行くと、家族連れとかカップルとか男同士とかで、店内はほぼ満席。
昔来た時はガラガラで、牛丼屋さんって人気ないんだとばかり思ってたのですが、
意外と大人気なことにようやく気付きました。

今回チョイスしたのは、新発売の「食べるラー油とメンマがトッピングされた」牛丼。
しかも初挑戦のメガ盛りです。
b0146414_122322.jpg
b0146414_132899.jpg


「メガ」はご飯が大盛りの量で、肉が並の2倍なのだとか。
食べても食べてもなかなか減りませんし、しかも、昼間に某回転寿司へ行って、数えきれない
ほどのお寿司を食べた後だったので、なかなかペースも上がりませんでしたが、なんとか
食べきりました。
b0146414_142790.jpg


肝心の味の方はと言うと、個人差で好き嫌いはあるかもしれませんが、ラー油の辛さと、
ジャリジャリした食感だけが気になり、ご飯とだけなら合うかもしれませんが、メガ盛りの
牛肉のおかげでご飯までなかなかたどりつかず、、、ということになってしまいました。
メンマは箸休めにも良く、もちろんベースの牛丼はおいしかっただけに、少し残念でした。


ブログランキングに登録しています。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2011-01-03 01:12 | 日記 | Comments(0)


<< ボクノート      1月2日、折り返し >>