カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 11月 14日

世界バレー 日本女子銅メダル

32年ぶりにメダル獲得。

日本バレー女子もようやく長い長いトンネルから抜け出せそうです。

ここ10年、いつもいいとこまでいくんだけど、最後の詰めがね・・・みたいな
感じでした。昨日の準決勝、ブラジル戦も「まさか」の2セット先取。
最終的には残り3セットを取られての敗戦に、「やっぱりね…」という気持ちしか
生まれてきませんでした。


今日のアメリカ戦も勝負にならんか…と思い、裏番組の『龍馬伝』を録画している
にもかかわらず見てしまい、龍馬伝終了後にチャンネルを変えると頑張ってる姿が
あったので、つい見てしまいました。


従来の粘っこいレシーブ力に加え、選手の大型化や、高さとパワーの融合、そして
更なるスピードアップに努めてきた、今までの監督や選手の頑張りはけっして無駄には
なっていないし、今大会、一生懸命やってきた姿は、もはやかつての栄光にしがみつき
錆び付いていた代表ではなく、現在の世界の強豪国と肩を並べたものであろうと思います。


現在の黄金世代がこれから数年後、うまく世代交代を進める事ができれば、2012年の
オリンピックでも活躍が期待できそうです。


今日は本当に記念すべき瞬間に立ち会えました。


ブログランキングに登録しています。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2010-11-14 21:16 | 日記 | Comments(1)
Commented by 大成ケイボン at 2010-11-15 08:23 x
強豪国に勝つにはどうしたらいいか…。

ブロックの上からアタックをうってくる世界トップ3の実力はすさまじかったですね(@_@;)。でも、それを好レシーブでひろい、粘り強くしのぐ姿は、日本らしさの象徴でした。

新顔メンバーの活躍も印象的で、中には僕好みの選手も(*_*)。状況に応じて、選手を色々使い分けてるベンチワークも、これまでにない戦術でしたし、まさに五輪を見据えた育成の成果でしょうか(^^ゞ

木村沙織の成長を強く感じましたし、いいトスを繰り出す竹下の当たり前のようなプレーにいぶし銀を感じました(^O^)/

銅メダル、おめでとう!


<< 桂浜の龍馬像へ      利鳳園じゃー >>