2010年 07月 10日

事件は会議室で起きてるんじゃない!

こんばんは。

踊る大捜査線the MOVIE 3公開記念で、今日から二週続けて過去の映画を
テレビで観ることができます。
実はワタクシ、ドラマはもちろんのこと映画パート1、2とも今までに何十回も観ている
ほどの『踊る』ファンなのです。

ドラマの中では、本店(=本庁)の『キャリア』と支店(=所轄)の『ノンキャリア』
に分かれ、いがみ合ったり協力し合ったりしてるんですけど、その中でも主役級二人の
青島と室井の掛け合いがとても感動的であり、力強く感じます。
室井さんはどんどん偉くなって、下の者が自分達のやりたいことが出来るようなに改革
してくれ!だから、それまではアナタを信じて頑張るというもの。

それはドラマの中だけではなく、現実の会社にでもありえないかな?と思ったりもします。

自分が上に上がる事を目標としながらも、自分の信じる人がもっと上に上がって、より
良い社風になってくれたらと思う願望。そういうのを夢見てます。


さて。
今日も朝から休日出勤でした。
最近、あり得ないほどトラブル続きの毎日です。
起こってしまったことは仕方がないけれど、信頼回復のためにいくらでもお金が
垂れ流しとなっていきます。
もっと危機感を持たなくちゃ!
月曜日も早朝よりお客さんの所へ行ってきます。



ブログランキングに登録しています。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2010-07-10 23:52 | 日記 | Comments(2)
Commented by 大成ケイボン at 2010-07-11 14:02 x
経費を安く抑えようと、純正品でない備品を購入したり、検査も付け焼刃で逃れたり…。

手抜きは結局、あとあと大きなしわ寄せとなって回ってきます。

先を見通す力をしっかり持って、その場その場で賢明な判断が求められます。

いい加減な判断を下した人の多くは、困った時に、役には立ちません。素知らぬふりをして、部下に責任や苦労を押し付ける場合もあります。もうそうなったら、組織としてクレイジー!

しかしその問題を重大視できないとしたら、もうどうしようもありません。今が儲かってるから…という安心感は、あとあと大きなツケとなってめぐってきます。

他山の石として下さい。
Commented by エピステーメ(?) at 2010-07-12 21:58 x
今日はこちらで投稿させて頂きます。
そのドラマなのですが、穿って見ると、
自分はもっと能力はあるのに、組織が悪いから、それを発揮できない、
ともとれるのですが、
意外にそこにシンパシー感じている方っているのかな?などと穿ってしまいました。

しかし、考えてみれば、問題が起きたら一番にその現場に駆けつけるのは営業なんですよね、某ドラマの〇島さんも元営業、
問題が起きたときそれをそれを会社の目となり耳となり、時に適切に対処するのも営業、

確かに「本店にしっかりしてもらわないと」て人一倍感じる部署ですね。


<< ワールドカップ閉幕      つぶやき >>