2010年 04月 03日

覆水盆に返らず

こんばんは。


国家に限らず、個人レベルでも失敗・誤魔化しの上塗りによって、後で痛い目に
逢うということがたまにあります。


人間、誰にだって失敗はあるし、失敗から何かが生まれることだってあるし、
そこからどうすれば良くなっていくか、を考えるのではないでしょうか?


現在、高速道路料金の見直しの議論が行われている中で、
本州四国連絡道路の料金を上限3000円にする方向でほぼ固まったという記事を読みました。



フェリー業界への影響を考えて・・・ということですが、既に遅い!!
四国と本州を結ぶフェリー航路のほとんどが、ここ数年で廃止となっている現実と
まったくリンクしていないのです。


廃止となった航路と、廃業したフェリー会社は元に戻るのでしょうか?


おそらく、、、というより絶対にならないでしょう。


ETC1000円によって、しまなみ海道や瀬戸大橋などを利用してきた人々は、
値上げ実施となっても、フェリーを選択することもできず、ただただ、言われた料金を
支払って橋を渡ることになるのです。



自民党政権(麻生政権)の時に始まった高速道路料金ETC割引は、喜ばしいことだとは
思いながらも、数年間限定だと聞いたことがありました。
その時、中小のフェリー業界が競争に負け、無くなってしまった後、一体どうなるん
だろう?という不安も感じました。


それが、近いうちに現実のものになろうとしています。


現実に、我々の身近にあった本四航路は惜しまれながらも「廃止」となり、
しまなみ海道を利用しなければ本州へ行くことはできなくなっています。


今更・・・という気持ちはずっと消えませんが、昨今の政府や政権与党の政治判断は、
正直、風見鶏的・日和見的な印象しか感じられません。
今回はどこを見ての政策なのかをしっかりと理解しなければならない時です。


そして今、四国各地方選出の議員が四国400万人の代表として、どれだけ国に対して
物が言ってくれるか?ということをじっと見ておき、次回の選挙に役立てたいと
思っています。


目先のうまい話ばかりに目を向けるばかりでなく、その裏にあるどす黒いものを
しっかりと見極めていく目を養わなければならないと感じました。
まさに、国家ぐるみの詐欺商法のような政策にこれからも注目していかなければ
なりません。



ブログランキングに登録しています。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2010-04-03 22:23 | 日記 | Comments(2)
Commented by ミルミル野サル at 2010-04-06 23:46 x
十味鳥でお会いして以来です。
チョコチョコ拝読させて頂いたのですが、なかなかコメントできず申し訳ありませんでした。
しかも、3日前の記事にコメントもどうかとおもったのですが、

まったく、同感です!!!
完全に道路族、自動車業界だけに目を向け、その場しのぎで人気取りの為だけの政策決定。
船(フェリー)は通常の交通手段としてだけではなく、島国日本においては災害時に道路が寸断された場合、大量の物資・人員を輸送できる代替手段としての存在意義がある筈です。
それなのに・・・この有様。
ただし、海運業界が、こうした現状を打破する努力を怠って来たのも事実だと思います。
今回の件も海運業界への影響を考えて・・・、とありましたが、業界外の意見は「なんで彼らだけが、我々だって苦しいのに。」
と言うものでしょう。実際、耳にしますし。
上記の様な点も説明していかなければ悪者になってしまいます。
海運業界に身を置く者として、何が出来るのか?非常に歯がゆい思いです。
Commented by shinya-ue at 2010-04-11 08:37
ミルミル野サルさんへ
十味鳥でお会いして何日経ちますか、ご無沙汰してます。
私も直接的に海運業に携わっているわけではありませんが、
海運業界におられる方々のお手伝いをさせていただく立場と
しては、船(フェリー)の大切さを身に感じています。
とはいえ、自動車業界と海運業界のどちらが大事かと、一方だけ
の味方をするのではなく、それぞれが足りない部分を補完し合う
ような関係でありたいですね。


<< とうせんぼ      丸源ラーメン >>