カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 11月 05日

made in JAPAN

こんばんは。

自動車レースのカテゴリー最高峰 F1(フォーミュラーワン)

先週日曜日に今シーズンの最終戦が開催され、無事に閉幕しました。

シーズンオフになりますと、来期のシートの問題、来期のレギュレーションの
変更、来期のチーム編成や新規チームの参入など、何かと衝撃的なニュースが
発信されるのですが、ここ数日、日本企業の撤退という衝撃が走っております。


数日前は、タイヤサプライヤーのブリヂストンが撤退を検討、
今日は、世界の巨人“TOYOTA”の今シーズン限りの撤退宣言がありました。


今シーズン直前のHONDAの撤退を含め、日本企業、特に自動車産業にとって
不況の影響は大きかったように考えられます。


確かに、私が身を置いている造船・海運界においても、自動車運搬船の需要は
数年前の好況時に比べると激減し、船腹の過剰を言われる方は多くいます。
特に、アメリカの不況による自動車需要減により、大陸間を大量輸送をする為の
大型船の不要論も出ているほどです。


ま、それはさておき、
これで、これまで長らくF1を支えてきたJAPANパワー(=日本企業)が
来季からはまったく見られなくなってしまうことになりそうです。


日本人にとって全く未知の存在だったF1界は、HONDAによってこじ開けられ、
様々な夢と希望や、日本人が世界へ通用することを証明してくれました。

単独チームとして参戦した1960年代の第一期
エンジンサプライヤーとして栄華を誇った1980~90年代の第二期
再び単独チームとして参戦した2000年代の第三期

日本でF1をここまで牽引してきた実力とか、F1で培った技術力を一般車へ
生かして日本国内2番手か3番手にまで登りつめたその力は、認めざるを得ません。
そして、アイルトン・セナとの蜜月時代、日本人初のフル参戦ドライバーである
中嶋悟の登場、それに続く日本人ドライバーの育成など、その節目節目に
HONDAは貢献し、世界的な熱狂的盛り上がりに貢献したといえます。


時折あった様々な困難や、参戦意義の皆無化(レースを続けるメリットの低下)
により、何度かF1休止宣言を発表してきたHONDA。
故・創業者の夢や希望より、会社の存続を優先させたという意味で、もはや
オーナー企業ではないということを証明されました。



そしてTOYOTA。
HONDAに遅れること・・・ウン十年ですが、ようやく戦える戦力が整ってきた
時点での撤退発表に、関係者は衝撃を感じていると思っています。

会見時の担当役員の涙にもあったように、会社の経営再建には、F1参戦に
数百億つぎ込むことができない苦渋の選択であるのは理解できます。

しかも、HONDAに対抗して地道に育成してきた日本人ドライバーを、路頭に
迷わせることになってしまう事に対しての涙だったのかもしれません。

会社としては、昨今の自動車不況で、海外への宣伝広告に数百億の金を
つぎ込むことへの対効果が無いと判断したのでしょう。
昨年からの派遣切りや社員リストラの事を考えると、かたや数百億の金が
ドブに捨てられているように見えるのはイメージダウンにもなりますし。。。


ただ、このことによって、日本のF1ファンにとっては、観る楽しみが減ったのも
事実です。

救いなのは、日本人は、イタリア等のように自国贔屓のファンばかりではなく、
他国のドライバーやチームのファンも多く、節操がないと言われるかも
しれませんが、案外、多国籍軍的な存在です。
裏を返せば、日本人ドライバーやチームがそれほど強くないということや、
愛国精神の欠落とも取れるのですが・・・


にしても、思い入れを持ってテレビの前で観てる方への興味を失わせることや、
日本人でF1を目指している人にとって、F1への道が狭まったのは間違い
ありません。
現在スーパーライセンスを持っている日本人ドライバーも、ジャパンマネーに
頼ったシートでなく、実力で勝ち取れるように頑張っていただきたいと思います。



今回の不況はF1界に限らず、“made in JAPAN”の企業に対して
今後どのような影響を及ぼしていくのか、しばらく注目する必要がありそうです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
四国ブログランキングに登録しています。
応援よろしくお願いします。
053.gifここをクリックしてね053.gif
[PR]

by shinya-ue | 2009-11-05 00:56 | 日記 | Comments(2)
Commented by 大成ケイボン at 2009-11-05 13:09 x
F1はさておき、世界に通じる各分野のmade in Imabariを育てていきたいですね(^O^)/
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-11-08 00:35 x
大成ケイボンさん
世界に通用する今治ですか!?
ハードルいきなり上げちゃって、、、(笑)
おらが町の紹介・広報をもっとしなくては。。。


<< 無似舎衆10月場所(第2話)      しまなみ海道サイクリング >>