カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 07日

長崎は今日も雨だった~その1

おはようございます。



長かったゴールデンウィークも終わり、今日から仕事って方は多いのでは?
僕は今日も休みです。
会社の休暇初日に出勤してたため、振り替えで代休いただいてます。


でも、今日は平日なんで、高速道路のETC休日割引はないんですって。
どこまで行っても1000円の恩恵が味わえないとなると、近場でブラブラしか
思い浮かばないですが、まぁ急がず慌てず考えていこうと思います。




さて、今日からはゴールデンウィーク中に行った長崎方面の話です。

九州方面へよく行くカイザー家は、すでに福岡県、大分県、宮崎県、熊本県、
鹿児島県へは行ってますが、長崎県と佐賀県にはまだ行ったことがなく、
一度は行ってみたいと思っていたのです。
これまでは何だか遠いイメージがあったので敬遠していたんですね。
せっかくの長期休暇なんだからと一念発起。
直前の思い付き計画で行ってみることにしました。




第一回目はココ。

b0146414_8183348.jpg


これじゃ、わかりませんよね(#^.^#)


ここは大浦天主堂やグラバー園へと続く道の始まりです。


やっぱり観光地。おみやげ屋さんが軒を並べています。


ふと目に入ったお店が。。。

b0146414_8211452.jpg


角煮まんじゅうで有名な、岩崎本舗さん
すでに行列が出来ています。

店の前では試食もできますが、ひとくちサイズ。
試食をして「試食だけではもったいない!」と思ったカイザーは行列に並び、
角煮まんじゅうを1個だけ購入(*^_^*)
だって、1個350円です。
観光地料金なのか、元々の値段設定なのかはありますが、少々いい値段がします。

b0146414_8273125.jpg


さて、この角煮まんじゅうの味はというと、美味しいです。
角煮がほろっととろけるようで、味付けもしつこくなく、今までにデパートの物産展で
食べたものとは全然違います。
僕にとってはあっさりした印象だったので、もっと食べていたい気持ちでしたが、
次もあったので1個でやめておきました。
冷凍保存での持ち帰りもできましたが、まだまだ旅行初日でしたので断念(^_^メ)


これからそういうのがたくさん出てきます。



坂を登っていくと、大浦天主堂の真正面にあるお店にも注目。

b0146414_8445046.jpg



カステラで有名な『文明堂総本店』さんです。
「カステラ一番 電話は二番 三時のおやつは文明堂」のCMだと嫁は言うのですが、
僕は今までに聞いた事はありません(@_@;)

全国展開している中でも、ここ長崎が発祥なんですね。
創業100年をこえる老舗さんです。
本店ではありませんが、お客さんがたくさんいます。




その文明堂さんの真正面には、荘厳な国宝・大浦天主堂があります。

b0146414_848035.jpg


この大浦天主堂の正式名は、日本二十六聖殉教者聖堂(天主堂)。
ちなみに、天主堂の「天主」とはキリスト教の神の意味です。
江戸時代末期の元治元年(1864年)に建設され、国宝に指定された唯一の洋風建築。
1945年の原爆投下にも、爆心地から離れていたこともあり、破損はあったものの
焼失からは免れ、現在まで美しい姿で残っています。


現在、この天主堂を含めた複数の建築物などを『長崎の教会群とキリスト教関連遺産』
という名前で、ユネスコの世界遺産へ申請しているのですって。
歴史的にも建築物的にも世界遺産となるべきモノが多いこの地域だからこそできる
荒技だと感じました。


長崎県の近代産業遺産としては、端島(軍艦島)もありますしね。
最近、上陸も出来るようになったらしいです。


やっぱり世界遺産となるべき建築物があるのは良いですね。
長崎市は近代的な歴史が違います。かなりの濃密さです。
そして、後世に遺すという事を、市民や企業が選択したからこそ出来たこと。


我が愛媛にも、軍艦島とまではいきませんが、四阪島にある住友金属鉱山 四阪工場は
十分その地位になり得る存在だと思ってます。

現在も稼働しているからダメなのでしょうか?

長崎県・軍艦島や岡山県・犬島のような産業遺跡を同じように、過去の歴史を含めた
存在価値の紹介などをどうしてできないのか?なんて考えてしまいました。



話が脱線しましたが、この後も長崎の旅は続きます。
お楽しみに。



いつも読んでくださってありがとうございます。
四国ブログランキングに参加しています。
↓クリック↓して応援してくださいね。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-05-07 09:20 | 日記 | Comments(4)
Commented by 大成ケイボン at 2009-05-07 10:14 x
 拙者は、今から7年前に、長崎の近代化遺産めぐり単独旅行を行いました。あの日も、確か雨でした。

 当然、国史跡の小菅修船場(通称名/ソロバン・ドック)はチェックしましたよ(^O^)/ 明治元年にできた巻き上げ式の修繕ドック。我が国の、海の近代化の息吹きを感じたしだい(^^ゞ

 太平洋戦争中につくられた、新来島波止浜どっくの石垣ドライドックにも、海事都市・今治の近代産業遺産として光が当たるといいですね。

 また、小島の芸予要塞と乃万地区の中世石造物については、全国からの観光客を招き入れるだけの魅力と文化財的価値があります。近づいてきた、乃万石造物ツアー(5月24日)と、またまたやります拙者の小島ガイド(5月30日)にご期待下さい(^O^)/
Commented by 何似? at 2009-05-07 11:25 x
実は自分も舐めていたのですが、文明堂さんは意外に美味しかったですね。
老舗侮れず!
長崎侮れず!
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-05-07 21:26 x
大成ケイボンさん
長崎は今日も雨なのでしょうか?
まるで『誰かさんの歌』のような天気です(笑)
小菅修船場は、我が国の、そして長崎の、造船の発祥となる設備ですね。

今治にもそういった近代産業遺跡があるにしても、その知名度獲得には、やはり自発的なアピールが必要かと。
ケイボンさんの著書、そして、民間からの情報発信に、気付いてくれる方が増えてくれたらと思います。

結婚式準備やお仕事等でご多忙な時期でのガイド、大変だと思いますが宜しくお願い致します。
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-05-07 21:42 x
何似?さん
僕が購入したのは福砂屋さんの方なんですが美味しかったです。
おっしゃる通り、老舗侮れず、長崎侮れずでした。
『長崎といえばカステラ』『カステラの〇〇屋』というブランドイメージを壊すことなく、大事にしていると思いました。


<< ルビコン河を渡る      日々の徒然 >>