2009年 03月 13日

高知の旅(前編)

こんばんは、カイザー今治支部長です。


近頃は1週間がすっごく早く感じられ、もう明日は金曜日。
またまた楽しみな週末がやってきます。

といっても、やはり年度末になると、いろいろな仕事が舞い込んできますので、
たまには出て片付けなくっちゃいけないかなぁと思っています。

さっさと片付けられたら、また遊ぶこともできますしね。




さてと、今日は旅行のお話です!


3月8日、日曜日、くもり


絶好のドライブ日和でしたので、一路、南国・高知市へ行ってみることにしました。

前から行ってみたかった「土佐のおきゃく」に、どうしても行くんだと前日から決めて、
ウキウキ・ワクワク053.gif053.gif

b0146414_1405030.jpg


しかも、この日は最終日。
「大おきゃく」としてバージョンアップしてるんですよ。
これは行かなきゃソンソンとばかり、行ってみました。


高知道も片道2車線化になって、ずいぶん運転が楽になりました。
今治市から高知市までだと高速道路で約2時間です。
ETCをうまく使う事によって、片道料金分およそ3000円で往復することができますよ。




まず、高知に来たら高知城!!
b0146414_23592115.jpg


今治にも「今治城」というお城がありますが市制60周年を記念して造られた鉄筋の城、
それに対し「高知城」は江戸時代から残存している本物のお城です。


ちなみに幕末には、土佐藩はもちろんのこと、今治藩も新政府軍に味方しています。
久松松平家という徳川家の親族にも関わらず・・・です。
本家の松山藩がずっと幕府軍について財政難で困窮したのとは対照的ですが、
時勢を早く見極める事が出来たお殿様がいたからに他ありません。



そのお城下では、日曜市が行われていました。
b0146414_047959.jpg


路上にはいろんなお店があり、買い物を楽しんでいる人・人・人でした。



お買い物は後回しに、いそいそと商店街の方角へ向かいます。


見慣れた道路を歩いていくと「ひろめ市場」に到着。
高知に来れば必ずここに来ます。
b0146414_122588.jpg



中に入ると、大勢の人が料理をつまみながらお酒やビールを飲んでて、すごく賑やかでした。
b0146414_1243219.jpg



ひろめ市場を出ると、真正面に見えたものは・・・これです。

b0146414_1254064.jpg


高知県といえば皿鉢料理が有名です。
大きなお皿に和・洋・中の料理が、綺麗に盛り付けられていました。
b0146414_1313930.jpg
b0146414_1323485.jpg
b0146414_1314535.jpg



綺麗で豪快な皿鉢料理にピッタリなのは、やっぱり高知のお酒♪♪
でも、この日はカイザー飲めませんでした。。。(--;)
運転手ですから。。。


高知の旅、まだまだ続きますが、今日はこの辺で。。。
そろそろ寝ようと思います。おやすみなさい。


四国ブログランキングに参加しています。
応援して下るのでしたら、↓クリック↓お願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-03-13 00:47 | 日記 | Comments(4)
Commented by 大成ケイボン at 2009-03-13 10:17 x
カイザー殿
 
 さすがっ、高知へ行ったら、高知城の話題を触れてますね! 今治藩の幕末の動向にも触れて頂き、感謝m(__)m。

 今治藩は、兄弟藩の松山藩とは対照的に、幕末・明治維新の動乱は、独自の情報網を駆使して、新政府軍としての行動をいち早く展開しています。この点については、近く発刊予定(?)の今治ご当地検定本でも触れています。

 時流の見極めに長けたのは、おそらく、今治の廻船商人筋の情報入手によるものと、拙者は推察致しております。当時も、今治船籍(天領・松山藩領も含む)の船が西国筋を盛んに往来しており、彼らが今治に帰港した際、それらの情報をつぶさに藩当局に報告していたのではと推察するしだい。幕末期の今治商人らによる献金は、莫大ですよ!

 今治藩は、石高にすれば3万5千石の小藩ですが、廻船商人がバックについていますので、情報戦には強かったと思います。
Commented by 何似? at 2009-03-13 22:08 x
なるほど、為になります。
明日昼のみお休みさせて頂いて、自分は先だってカイザー氏が行かれていました香川に行って参ります。目的は伝統漆芸展、めぼしい品に出会えますか?いかほどのものか見極めてきます。
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-03-14 14:07 x
大成ケイボン様
今治藩がなぜ新政府軍に早くから参加できたのか、ご説明を読んで納得できました。

現代も昔もですが、情報戦の勝れている方がことを有利に進めていることを実証していますね。

僕も様々な情報を掴みつつ、時代の潮流に乗り遅れないようにしなければと思います。
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-03-14 14:12 x
何似?様
香川はいかがでしたでしょうか?
何似?さんが魅了されるような逸品が見つかると良いですね(*^o^*)


<< 高知の旅(中編)      第5回今治ブロガーOFF会 >>