カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 03月 06日

桜井ツアー外伝~水を運ぶ船~

こんばんは。カイザー今治支部長です。


今日、ある方からメールを頂き、ふと思い出がよみがえりました。。。

とても懐かしい思い出です。





椀舟の基地港だった江口港へ向かっている途中のこと

ガイドの大成ケイボンさんから「あれ、水道丸じゃない?」と一言

b0146414_0302537.jpg


写真では見えづらいかもしれませんが、ファンネル(煙突)には旧・今治市のマーク。



        水道丸



この名前を聞いたことがある人も、初めて聞いたという人もいらっしゃることでしょう。



たぶん、きっと、普通に上水道が整備されている私たちにとって、水を運ぶ船という存在に

不思議な気持ちを持たれる方が多くいらっしゃるのでは?と思います。




水道丸は今治市所有の給水専用船で、今治市波止浜沖にある離島(来島、小島、馬島)へ
生活用水を運んでいた船です。


水道丸の歴史は古く、その記録を調べてみますと、
塩分の入った井戸水に頼る島民の暮らしを改善するために
昭和29年に初代「水道丸」が建造され、来島、小島へ水を供給し始めました。
やがて、馬島が吉海町から今治市へ編入されると、来島、小島、馬島へ
水を供給するようになりました。


その後、5代・半世紀にわたって、離島の人々の生活を支えてきた水道丸でしたが、
来島大橋の建設によって、陸地部から馬島への送水管が整備され、
昨年3月に来島と小島への海底送水管が完成したことによって、
水道丸は長い間努めてきたその役目を終え、昨年4月、惜しまれながら引退しました。



水道丸は、前日より船倉タンクに水をいっぱい貯め、波止浜港を出港します。
そして、来島、馬島、小島の順に約6キロを2時間半かけて回ります。

島に着くと、桟橋と船のホースをつなぎ、島の高台にあるタンクへ水を送ります。


たとえ海が荒れていても、たとえ世間がお休みでも、そんなことは関係なく、
来島海峡の潮流をかわしながら、大型船の航行をすり抜けながら、
毎日毎日、水道丸は水を運びました。
冬場は1日1回、夏場になると1日に2回も運んでいたそうです。



なぜそこまでするのかって??



離島に住む数十人の住民の命を繋ぐための、大事な大事なお仕事ですから。。。





僕も小さい頃、水道丸に乗ったことがあります。

といっても、波止浜港に停泊している水道丸に・・・ですけど。

船の人にタンクを開けてもらって、水がいっぱい入ったタンクの中を見せてもらったり、
僕のひいおじいちゃん家がまだ来島にあった頃は、来島の小高い山にある貯水場まで
登ってたりしてました。

今思えば、弟と仲良く遊び回ってた頃の数少ない思い出のひとつです。




生活インフラが整備され、人々の暮らしが便利になるのは良いことだと思います。
でも、水道丸が半世紀にわたって活躍してきた歴史や、島の人々との関係や思い出は
時代とともに風化してしまうのではと考えてしまいます。。。

今回の桜井ツアーで、偶然にも水道丸と出会えたことに、懐かしさやいろんな思い出が
蘇ってきましたが、何か巡り合わせがあるのかな?なんて感じる今日この頃です。




四国ブログランキングに参加しています。
応援して下さるのでしたら、↓クリックしてくださいね。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-03-06 01:52 | 日記 | Comments(5)
Commented by 大成ケイボン at 2009-03-06 09:27 x
カイザー殿

 水道丸記事、ありがとうございます。そういえば、カイザー殿のルーツは来島でしたね。水道丸には、一般市民よりも特別な思いがあることでしょう。

 水道丸の第2の船生は、確か異国の島しょ部地域へ贈られて、再び水道丸として活躍するやに聴いております。波止浜湾から消えて、そのまま異国へ運ばれたと思いきや、江口港で待機していたのですね。不況風が深刻さを増しておりますが、本当に、異国の地へ運ばれるのか、心配です。おもてが反り上がった姿の水道丸は、ちょっと格好が悪いですね。水を腹いっぱい貯め込んで、安定姿勢で航行する日が早く訪れて欲しいものです。しかし個人的には、今治で、貴重な海事遺産として屋外展示し、市民に触れさせて欲しかったなぁ。

 小島ツアーの時は、来島海峡を航行する潜水艦に遭遇! そして今回は、江口港の水道丸! 偶然が重なるのも、何かの縁ですね。カイザー殿の記事を見て、いま一度、市民が水道丸の活躍に思いを馳せ、興味をもって頂いたら、現地に足を運んで頂きたいと願います。

Commented by カイザー今治支部長 at 2009-03-07 02:46 x
大成ケイボン様、こんばんは!

水道丸のお腹に水をいっぱい貯め込んで安定姿勢で・・・ってトコに、なんか他人じゃないじゃないような気がしてます(笑)
(無似舎衆の皆さんもおんなじ?・笑)

ケイボン殿のおっしゃる通り、水道丸は貴重な海事遺産というべき
ものだったのかもしれず、今治市民にとっては財産を失ったと言っても過言ではありません。

でも、水道丸自体にっては、本当に、第2の人生として海外(フィリピン)でまた給水船としての役目を果たせるのだったら良いことだと思います。

現在の時代背景として、派遣切りだとかリストラだとか言われている昨今、人々に願われて第2の人生が送れる水道丸には、必ず幸せになってほしいと思いますから。

しかし、市況の都合によって、もしも、このまま江口港から出ることなく朽ちていくだけならば、なんとか海事遺産としての道を開けてあげたいですよね。
Commented by 大成ケイボン at 2009-03-07 08:28 x
カイザーとの

 今治では、本当に大切なものが理解されず、離れていったり、埋もれてしまったり、失われていったりするケースが多々あります。人についても同様で、優秀な人材は育たず、外へ流出したり、芽をつぶされたり…。

 水道丸にしても、現役バリバリの頃、この価値を認識していた市民は少なく、それが当たり前の光景に映っていたものと。失われて気づく今治市の風潮であって欲しくないですね。

 ただ、唐子浜の赤灯台については、当時の某今治地方観光協会長さんの熱意が海上保安庁当局や海事関係者を動かし、来島海峡から移築されたという離れ業をやってのけました。旧名称は、来島海峡のコノ瀬灯標で、明治35年の竣工です。海の灯台が、海に移築保存されたという事例は、おそらく世界中探してもないものと。それくらいすごい事例があっても、あまりそのことを知る市民も少なく。この灯台については、絵本の題材になっているんです。水道丸も絵本化して、広く知って頂けたらいいですね。
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-03-07 14:51 x
大成ケイボンさん

そこに当たり前にあった風景が無くなって、初めてそのものの良さに気付くとともに、ココロの中に一抹の虚しさを抱いたことことが何度有ったでしょう。

古ければ何でも遺せば良いとは言いませんが、今治の地域史を語る上で遺すべきものとそうでないものとをきちんと区別するべきでした。

東京中央郵便局のニュースも新しいですが、歴史遺産の遺し方にもいろいろ方法があると思います。

こういう問題を、市民の皆さんで一度見直してみることも大事なのではないでしょうか?
Commented by 大成ケイボン at 2009-03-08 15:18 x
カイザー殿

 その通りですね。知らせないこと&知らないことが、最近、罪と感じるようになってきました。そのくらい、急速なスピードで、失ってはならないものまでが、この今治では価値を顧みることのないまま、失われていっているように感じます。


<< 讃岐うどんツアー第一弾~あたり...      かき焼き かまくら >>