2009年 02月 16日

読書

ブログ書くのがご無沙汰になっちゃいました(^○^)


なにせ、ここ数日間、家では寝るだけの日々で・・・


晩ご飯を食べに行ったり、朝まで飲み会(!?)



なので、たまには家の中で引き籠り♪



「引きこもり」って言葉、なんか悪いイメージに思えるけど、

結構好きなんですよ~♪



一日中、テレビ見て、本読んで、ネットして・・・っていうと、



「お前はオタクか?」と、周りから言われますが、




周りに流されない一日、それもまた必要かと思います。。。





この日読んだ本は、大成経凡(おおなるつねひろ)さんの


しまなみ海道の近代化遺産 足跡に咲く花を訪ねて



この本は今治市周辺町村と合併し、新今治市となる数日前に発行されました。

しまなみ海道開通を前に、一般的にはあまり知られていないけれど、
地元に住む住民にとって誇りが持てるような歴史や文化があって、
磨けば光る存在というものに著者は注目し、調査・執筆されています。


著書を読んでみると、今治は海運・造船、タオル、焼き鳥の町というのが、
一般的に知られていますが、海運・造船の町になった背景としては、
まず塩田の歴史を知ることから始まります。


現在、愛媛の塩といえば、「伯方の塩」が有名ですが、古くに目を向けると、
波止浜塩田が有名であったようで、その「波止浜」という地名の由来が
塩田から来ているものだったり、現在も残っている地名が塩田時代の名残だったり
することに気づかせてくれます。


その塩田での塩づくりのためには燃料が必要で、燃料の運搬のために船が必要となって
波方の海運業が登場し、その船の修理を行うためには造船所が必要となった訳で、
なぜ、そこに生まれ起こったのか?という謎が次から次へと解けていく爽快感が
読んでいるうちに感じられます。




そして、その他にも・・・


今治市波止浜湾に存在する(かつて存在していた)造船所の誕生話


地元の発展のために身を捧げた人々の話


現在のクレジットカードの発祥となった桜井漆器についての歴史


その他、様々な遺産・文化についての話を読むことができます。
(やはり自分が一番興味があるところ・・・造船・海運関係を中心に
読んでしまいました・笑)




ただ、あとがきにもありますが、これらの大事な近代化遺産を、
ただ古いという理由で取り壊されてしまってることが残念とあり、
今後の町造りについて、必要なものは残していかなきゃと、
私たちに考えさせられる内容でした。



あまり知られていない本ですが、新今治市を知っていく上では大事な本だと思います。



現在ブログランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-02-16 03:36 | 日記 | Comments(6)
Commented by 大成ケイボン at 2009-02-16 08:53 x
カイザー殿

 拙著をしっかり読み込んで頂き、恐縮です(^^; 今治の海運・造船業の身近なルーツを波止浜塩田に求める考え方がようやく浸透し始めました。研究者冥利に尽きます。

 図書・コラム・論文・講演を通じて、近年そのことを普及啓発し続けていますが、最終目標は、それらの歴史背景や残された歴史遺産を通じて、地域に元気がでること。地域がよくならなくては意味がありません。

 市民がそのことに気づき、現地に出掛けてみるという取り組みが必要になってきています。自らの足で訪ね歩くことで、発見や感動が得られ、モノの見方が変わり、まちの将来のあり方が見えてくるのだと思います。

 本日は、某テレビ局の取材に応じて、波止浜の魅力をPRする予定です。テレビ放送は3月下旬とのこと(四国四県に放送されるとのこと)。日程が決まったらご連絡致しますので、その折は貴ブログにて皆様に周知頂けると幸いです。どうかよろしくお願い致します。
Commented by 何似? at 2009-02-17 13:37 x
更新待ってました。

考えてみたらその本からケイボンさんとのお付き合いがはじまった訳で、又その本を介し、ブロガーの皆さんへと繋がっていった事を考えますと中々感慨深いです。

多分今後更に二十年三十年世代を超え、今治の歴史を語る際、常に手にされる書籍なのでは?
Commented by 大成ケイボン at 2009-02-17 18:34 x
 何似?様   

 拙著をお褒めに預かり、恐縮に候。

 自分でいうのもなんですが、市町村の枠にとらわれずに描いた郷土史本のため、何年たっても色あせない本だと思います。自分が死んだ後も読み継がれる本であって欲しいと願って書きました。

 しかしそこが反省点で、現在の読み手には分かってもらえなくてもいいやという“独りよがり”が、売れ行きの悪さに反映してるのだと思います(^^; まぁ、売れるから、必ずしもその本がいい本だということにはなりませんが…。
 
Commented by 大成ケイボン at 2009-02-17 18:48 x
カイザー殿

 昨日の波止浜の「蟹御殿」取材は、8分番組のために約2時間半収録を行いました。同じようなセリフを何度も繰り返し喋ったので、あとは編集でカバーして頂くほかなく(^^;

 現時点では、NHK総合『四国 謎解き行脚』 3月21日(土)1810~1838の中で放送予定とか。おそらく日をかえて、四国の他の3県でも放送されるものと。

 取材陣も、初めて見る蟹御殿の建物・庭のつくりにビックリしてました。また、蟹御殿と呼ばれるようになった歴史背景にも感嘆していました。

 今治市に蟹御殿がある!?を、リポーターが訪ね歩く番組となりそうです。ご期待をば。
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-02-21 22:05 x
大成ケイボン様
返信が遅くなりすみません<(_ _)>

さすがにさすがにケイボンさんのコメントの内容に圧倒され、
なかなかご返事できなかったです(*^_^*)
(ここまでコメントがコメントらしく無くなったのは初めてです・笑)

まさに「本物」を見せられた瞬間

ヘビに睨まれたカエル状態です(笑)

明日は、その「本物」を実体験するため、桜井ツアーに参加させていただきます。
しっかり勉強・・・いや、明るく楽しいツアーになりますことお祈りいたします!!
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-02-21 23:58 x
何似?さん
返信が遅くなり申し訳ございません<(_ _)>

今治の風景が変わりつつある現代において、ケイボンさんの著書に掲載されている写真は貴重なものだと思います。
今後、跡形も残ってなくなったとしても、この本とともに私たちの心の中には残っていくのだと思います。


<< 夢の旅行計画表~その1      大角海浜公園~スイセンと海と僕~ >>