カイザー日記

kaiserima.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 02月 07日

今治海事展/BARI-SHIP2009

皆さん、こんばんは!(昼に読む人はこんにちは!でしょうか?)


週末になって疲れもピークに。。。
今週は何かと精神的に滅入ってた一週間でした008.gif

こないだは飲み会もあったし、飲み過ぎには注意ですぞ!!(笑)



さてと、今日の紹介は、今年5月に開催される今治海事展のことについてです。
BARI-SHIPと呼ばれるこの海事展。



今から遡ること4年前、旧・今治市が周辺11町村と合併したことにより、
新・今治市は、造船、海運、舶用工業に従事する企業の密集地帯となり、
日本国内のみならず世界にも類を見ない、海事関連企業が集まった都市
(⇒海事都市)へと成長することになりました。



この海事都市・今治を、世界や日本へ広くアピールするため、
そして海事産業発展のために開催されるイベント、それがBARI-SHIPです。



日本を代表する海事展といえば、東京ビッグサイトで2年に一度開かれる
SEA JAPANが有名ですが、会場の規模からいえば今治海事展は
小さいかもしれません。
でも、造船、海運、それに関連する企業が集中する西日本で、
海事展が開かれるのは初めてのこと。

それだけに期待もしています。



BARI-SHIPは、2009年5月21日から23日の3日間、
テクスポート今治で開催されます。


このイベントには国内外問わず多くの来場者が予想されますが、
このようなイベントをきっかけとして、今治市やしまなみ海道などの良さを
外の人に知ってもらえる良いチャンスではないかと考えています。


b0146414_039532.jpg


これは昨年の某造船所での自動車運搬船見学の模様です。
海事展ではこのような見学会はありません(*^_^*)




四国ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-02-07 00:46 | 日記 | Comments(5)
Commented by 宮窪のおっさん at 2009-02-07 01:02 x
海事展、平日の開催ですよね
海事関係者だけのイベントなんですかね

もう少し、市民レベルで参加できるイベントだったら良かったのですね
Commented by 大成ケイボン at 2009-02-07 09:13 x
カイザー殿

 今週は、えらく滅入ってましたが、食が細って脱・メタボの状態に陥りつつないか、心配致しております。よく寝て、食べて、笑って下さいよ。

 さて、なかなか今治市民には馴染みの薄い海事博覧会が近づきつつありますね。早くも告知とは、カイザー殿らしいです。

 ただ、海事産業の業界にも、今年に入って急に不景気風が吹き始めましたね。BARI-SHIPを盛り上げるためには、業界関係者の内輪の盛り上がりだけでは不十分で、カイザー殿のように市民に対する周知が必要となってきます。

 この周知も、ベクトルの方向を誤ると、今治自慢や一企業の自慢にとらえられる恐れもあり、底辺を広くとらえた普及啓発が必要ですね。この博覧会には、今治市(海事都市推進課)も関係していますから、その辺りはしっかりとやって頂きたいです。

 今治はアキンドのまちですから、お金儲けはちゃっかりやるでしょうが、海事にまつわる歴史文化遺産にも光を当てて欲しいですね。海にかかわって生きてきた先人の足跡を知ることで、今の自分や今治を知り、未来の自分や今治を見つめる、そんな取り組みに期待したいです。
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-02-07 17:13 x
宮窪のおっさん、今日はありがとう!

海事展開催は平日です。僕のような関連業種の社員でさえも行けるのだろうか分からないところです。。。

多分、今回の展示会、想像で言う範囲ならば、海事関係者中心となるのでは?と思います。
ですので、展示会主催者がターゲット客をどこに置くかという事に注目する必要があり、海事関係者の商談の場のみとするならば、それだけのものでしかなく、海事産業について知識のない一般客までもが参加できるような下地作りがあれば、今治発の新たな国際海事展作りとして注目され、地元住民の支援も増えてくるんじゃないかなぁ・・・と思います。

地域住民にとっては、海事関連企業への単なる場所貸しだけでなく、街全体がフェスティバルになるような感じの方が良いですからね~!!
今後しばらくの動向に注目していきましょう。
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-02-07 17:38 x
ケイボンさん、ありがとうございます。
食は細るどころか・・・相変わらずでございます(笑)

海事関係者以外でも楽しめる国際海事展って多分無いと思います
。情報収集の場所、商談の場所の意味合いが強そうな気がしてます。

海事関係者以外に一般市民にも開放し、通常行われる企業展示やセミナー以外にイベントを募り、今治市の海事の歴史や伝統行事に触れて頂ける機会になるよう期待したいです。

景気の動向によって出展企業が増減したりするのは仕方ないにしても、繰り返しになりますが、一種のお祭りとしての側面も出していけたら結構面白いものになるかもしれませんし、市民の協力によって継続していけるかもしれません。

歴史文化遺産的な取り組みといえば、ケイボンさんの力がこれからもっと必要となるのでは??と思いますよ(*^_^*)
Commented by 大成ケイボン at 2009-02-07 23:12 x
 今回の食の細りをいい機会に、多少ダイエットをしてみては(^^;
 マジオさん・おっさん・カイザー殿のメタボ係数上昇は、目を見張るものがありますねぇ(@_@;)

 海事思想の啓発も兼ね、とりあえず今月22日の桜井ツアーで椀舟の話や、港町・桜井の話なんかをとりあげたいと思います。マジオさん&おっさんともども、スタッフとして盛り上げて頂けると幸いですm(__)m


<< 塔の峰展望台      夕暮れの今治 >>