2009年 02月 05日

夕暮れの今治

こんばんは!!


今日は街角の風景特集ということで、
第一弾は、今治市中心部に流れる金星川をお楽しみください。


金星川は今治銀座商店街と平行して流れている川ですが、
遡ること江戸時代には、今治城の外濠でした。


ある日の日暮れ時にふと立ち止まり、橋の上で川の流れを見ていました。

b0146414_1234136.jpg



この川はいつの時代も今治の町を見守っています。


四国ブログランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by shinya-ue | 2009-02-05 01:48 | 日記 | Comments(10)
Commented by 大成ケイボン at 2009-02-05 08:52 x
 黄昏時の金星川。近世には、今治城の外堀でした。実際の川幅はこれよりも広く、おそらく明治以降に一部を埋め立て、宅地・畑・工場用地に変えたものと…。

 このアングルは、辰ノ口橋からのものか。この橋を渡ると、ラヂバリのスタヂオがあります。拙者は毎週、この風景を眺めますが、なんとも言えない風情を感じますね。

 潮が満ちれば、この川は海水に満たされ、ひけば、淡水が上流からちょろちょろ流れてきます。「呑吐樋」(どんどび)は、そうした水流調節をするための樋門のあった場所で、泉川と金星川の合流地点に位置します。まさに、呑んだり、吐いたりする光景が展開されたというわけです。

 決して、この近くの居酒屋で飲んで、吐いたりしたという意味ではありません(^-^)
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-02-05 10:34 x
大成ケイボンさん、こんにちは。

いつも熱い講義をありがとうございます。
まさかドンドビの説明までしていただけるとは( ̄∀ ̄)

しかも、写真の場所まで当てられましたし、オチまで付いてたしで、完全に参りましたぁ(≧∇≦)

今治の町がどんなに変わろうとも、あの川とノスタルジックな風景は遺して欲しいですね。
Commented by 大成ケイボン at 2009-02-05 11:14 x
 カイザー殿とはメタボ衆の仲ゆえに、立ち寄る場所の匂いが拙者にも理解できます(^-^)
Commented by ぎの at 2009-02-06 17:00 x
そうなんですか?
小、中学とこの辺りをうろついていたのに
一切知りませんでした!
しかし、だいぶ今治の景色も変わってきましたが、
この風景だけは変わりませんね!
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-02-06 21:42 x
大成ケイボンさん、こんばんは!

メタボ衆の行くとこは…そうですね( ̄∀ ̄)
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-02-06 21:52 x
ぎのさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

身近にあって、知ってるようで知らない事は沢山有ります。わが町のことを知って、わが町を愛せるようになりたいです( ̄∀ ̄)
Commented by さいさいきてや~ at 2009-02-06 23:49 x
どんどびの別の説知ってますよ~♪

昔々旧大丸があったあたりまで海だったころ、打ちよせた波が岸にあたって砕ける音が『どんどび~!どんどび~!』と聞こえたそうな…おしまい

どう考えてもケイボン氏の説に説得力があるな~

よくあの丁寧な説明のあとにこんな説をとなえるな~おれって空気よめねぇな~って自分で思っております(爆)
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-02-07 08:35 x
さいさいきてや~さん、こんにちは。

それぞれの由来については、いろんな言い伝えがあり、歴史的にどれが正しいか?ってのはさておき、大切なのは皆が地域に興味を持って考えてみようと思う心、それが大事なんだと思います(^_^)v
Commented by 大成ケイボン at 2009-02-07 11:06 x
 さりげない黄昏時の風景から始まり、身近な地域の歴史に話題が及ぶ…。ぎのさん、さいさいいてや~さん、コメントのほどありがとうございます(^O^)/

 他にも、この近くの風景に、城下町の名残りや貴重な近代化遺産がありますよ。写真が掲載されれば、その都度解説を致します。
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-02-07 17:47 x
ケイボンさん、楽しいです~♪
この1枚の写真だけで、さいさいきてや~さんやぎのさん、
そしてケイボンさん、その他きっとコメントは入れてくれてなくても
いろいろな想いを持って頂いている方もいてくれてるんだろうなぁと思うと(#^.^#)

普段当たり前に見てるけど、意外と貴重なモノだった!ってことをケイボンさんから教えていただく機会、これからもあると思います(#^.^#)


<< 今治海事展/BARI-SHIP...      林仙堂の生クリーム大福 >>