2009年 01月 10日

倉敷の旅 第一章~チボリ公園

岡山県倉敷市に向かいました。


まだチボリ公園が営業していた時のお話です。



え!?ご存じでなかったですと?



倉敷チボリ公園は昨年12月31日で閉園しました。



これが最後だと言われると、なぜか行きたくなる。

そして、最後の4日間だけはナイトファンタジーという
華々しいアトラクションが行われると聞き、行ってみることにしました。



倉敷駅の裏口では、すでに多くの人だかり。
そこから見渡せるチボリ公園の風景は、僕の心を躍らせます。
b0146414_2255648.jpg



チボリ公園の夜は、まさに光いっぱいの世界
b0146414_2293648.jpg



クリスマスが終わってもクリスマスツリーが☆
b0146414_021242.jpg



気球がついた観覧車
b0146414_23475186.jpg


この日はなんと1時間待ちだと・・・
残念でしたが、さすがに乗るのは諦めました(;一_一)


正面ゲートを帰る方向へ
b0146414_23503780.jpg

キラキラした公園の中で、年末という雰囲気も合わせて、
来園者はなんだか楽しそうだ。
なぜ、これだけの集客力のある場所を閉めなければならなくなったのか・・・




このようなテーマパークは、バブルの遺産だとよく言われる。

第3セクター方式で造られたテーマパークなどの多くは、
竹の子のように造られては、経営難でつぶれていく・・・


チボリ公園に関しても、入場者数の減少、名称使用の停止、
毎年の累積赤字に対する自治体負担の停止など、様々な理由が考えられる。



しかし、開園して11年。

見た目も美しく立派な建物や、立派に育った木々たち・・・
これらは国民、県民、市民の税金を大量に投入されて造られた財産だ。
これらの施設をわざわざ更地にしてしまう必要はないと思うけれども、
この倉敷チボリ公園の跡地は、土地所有者のクラボウに任されることに
なったそうだ。


倉敷市としては、今の施設を利用し、市民公園としての再開発を望んでいる
そうだが、クラボウは大型商業施設を誘致して再開発する見通しらしい。


今後、この場所がどのように変わっていくのか?
これから目が離せないところにある。



ブログランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。
b0146414_1152338.gif
[PR]

by shinya-ue | 2009-01-10 00:22 | 日記 | Comments(4)
Commented by 大成ケイボン at 2009-01-10 21:32 x
 あらま、結局、観覧車のラブバルーンには乗らなかったのですね。残念(ToT)。

 閉園後の行方もきちんと報告して下さり、感謝! 閉園の理由を見ると、一つの時代を感じますね。時代背景が、なんとも切なく感じます。

 倉敷チボリがなくなっても、元祖チボリがコペンハーゲン(デンマーク)にあります。オイラは近い将来、コペンのチボリに行きたいと思います。
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-01-10 22:41 x
大成ケイボンさん♪
残念ながら、観覧車のラブバルーンには乗れませんでした。
今更ですが、やり残しとか心残りとか悔いが残りますね~
「あの時こうしていれば・・・」ということが最近多い・・・です。

僕も本物の(?)チボリ公園に行ってみたいと思いました。

ケイボンさんも新婚旅行にデンマークどうですか?(笑)
海運もサッカーもチボリ公園も・・・ケイボンさんの守備範囲ばっかり♪
Commented by 大成ケイボン at 2009-01-11 00:17 x
 恐縮です(^ー^; 実は、コペンのチボリ公園、新婚旅行で狙ってます! ただ、その前に奥方様をゲットしなくては…。

 でもカイザー殿の場合、よく動かれていますよ。マメに動いているからこそ、やり残しの悔いが残るんだと思います。

 でもでも、動いてる割には、宮窪のおっさんと同じで、メタボ解消にはつながってませんねぇ。動く分、その反動で食べ過ぎているのが原因か…。
Commented by カイザー今治支部長 at 2009-01-11 01:01 x
ケイボン殿
宮窪のおっさんは自転車での活動もされていますが、
僕は専ら自動車移動ですのでメタボ解消にはなってませんねぇ。

秋から冬にかけて、食べ物をため込むという防衛本能が
より強いのでしょう!食欲の秋が終わっても食べ続けています。
(クマか!?一人ツッコミ・笑)

ケイボン殿もタキシードをスッキリ着るために
今から準備しておいた方がよろしいのでは(笑)
奥方を見つけてからではスピード婚はできませぬぞ!

僕の場合、あれもこれもと欲張りなので、やり残しが出るんでしょうね。
たまには煩悩を捨てねば・・・


<< かきおこの丞      アートの島 直島 最終章 >>